人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

見ているだけで心躍る!天然カラーストーンが魅力のジュエリーブランド「BIZOUX」のポップアップ店舗が銀座にオープン

2021.03.17

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

春にぴったりなピンクにきらめく「マラヤガーネット」の新作ジュエリーも

世界20カ国以上の天然のカラーストーン約50種を取り扱うジュエリーブランド「BIZOUX(ビズー)」が、「GINZA SIX(ギンザシックス)」内に期間限定ショップ「BIZOUX POP UP STORE / GINZA SIX(ビズー ポップアップストア / ギンザシックス)」を5月25日までオープンする。

店舗のコンセプトは「宝石ミュージアム」。採掘した地域名や鉱山名が描かれた世界地図を配した内装デザインと共に、カラフルな原石約15種をショーケースに展示する。

国内最多クラスのカラーストーンを扱う「ビズー」の強みを生かした、さまざまな色合いのリングやピアス、ネックレスなど約240商品以上(2万〜70万円前後・税抜以下同)と、セミオーダー商品(リング約700パターン、ネックレス約1400パターン以上、16万〜70万円前後)を販売する。

「ビズー」が取り扱う天然の宝石は、輝きと色合いがひとつずつ異なる一点もの。発色の美しさと透明感を兼ね備えた高品質な宝石を、世界20カ国以上の産地から選りすぐり、世界各地のカラーストーンに特化したブランドとして宝飾業界で独自のポジションを築いている。

女性のバイヤーやデザイナーが手掛ける、高品質で多種多様なカラーストーンを使ったアイテムが人気で、ジュエリーブランドとしては珍しく「カラーレス(無色透明)ダイヤモンド」以外の売り上げが9割以上を占め、売り上げの約9割が、女性が自分のために買う自家需要というのも特徴だ。

世界的に珍しい青色のマダガスカル産「ベキリーブルーガーネット」(下記画像左)や、すでに閉山しているブラジルの鉱山から採掘した「カシャライ産アメジスト」(下記画像右)など、独自の買い付けルートを持つ「ビズー」の強みを活かした希少石が揃う。

〇GINZA SIX限定販売/「フロレゾン」

GINZA SIX店限定の春の新作は、フランス語で満開を意味する「フロレゾン」。ディープピンクの希少な宝石「マラヤガーネット」(約1.5カラット)を使ったリングとペンダントトップで、大粒のマラヤガーネットを8種16粒のカラーストーンで囲んだ、華やかでその名の通り春らしさを感じるデザイン。地金はK18かプラチナから選ぶことが可能。

〇GINZA SIX先行販売/「フルール」

GINZA SIX店先行販売となる、フラワーモチーフのリング「フルール」にタンザナイトとピンクサファイアの新色が登場。花びらは一枚一枚をランダムに配置し、横から見ると本当の花のように見える立体的なデザインでボリューム感も楽しめる。

「ビズー」でも一番人気と言っても過言ではないのがタンザナイト。色味が優しいのでボリュームがあってもふんわりとした印象に。ピンクサファイアも肌なじみの良い色。リングの地金はK18 、花の部分の地金はホワイトゴールド。

〇「ブーケ パヴェリング」/「ルナ・ブーケ」

32粒のマルチカラーの宝石を使った「ブーケ」のパヴェリングは人気の商品。パヴェリングはその名の通り「パヴェ(石畳)」のように宝石を敷きつめ、表面の高さをフラットにそろえるのが基本。そのため、硬度の高いダイヤモンドやサファイアでカットを揃え、同じサイズを使うのが一般的だ。

対して「ブーケ パヴェリング」は、高さ、サイズ、硬度が異なる宝石32粒をすき間なく、フラットにひとつの枠に留めている。この技術は至難の業とのことで、1㎜にも満たない小さな爪に宝石を留める熟練の職人の技が光る逸品だ。

花束をモチーフにしたパヴェリングは、ひとつのジュエリーにさまざまな宝石が集まった楽しさがある。極小の爪と石留め技術で、宝石の魅力を損なうことなく、表面がフラットに仕上げられて引っかかりにくく、普段使いがしやすい。重ねて着けても華やかでコーディネートの幅も広がる。地金はK18、プラチナ、K10があり、オーダーで作る際は地金の色も選べる。宝石の配置は同じだが、地金の色で全体のニュアンスも変わる。

「ルナ・ブーケ」はランダムなサイズの宝石を20石敷き詰めた、三日月型のペンダントトップ。パヴェリング同様に熟練技を要する難度の高い技術で、ふっくらとした月に仕上げた。ボリュームは比較的抑えられているので、洋服のアクセントとしても使いやすい。つけるチェーンの種類によって印象を変えることもできる。

ネックレスはデコルテに触れるものなので肌当たりを良くするため裏張りをつけ、光を取り込むように開けられた光穴は星の形になっており、さりげない遊び心も。

〇「アナイス」

北海道産ロードクロサイトとK18を組み合わせた、リング、ネックレス、ピアスを展開。ロードクロサイトが採掘された稲倉鉱山は閉山しており、現在はほとんど流通していない希少石。桜の花びらのようなピンクにほんのりオレンジが混ざる優しい色は柔らかな質感で、日本女性のオークル系の肌にもとてもなじむ。とろみを感じるつややかさもあり春らしさを感じる宝石。

〇「ポルトボヌール」

イニシャルが彫られたペンダントトップとリング。洋彫りは短時間で量産できるレーザーが主流の中、「ビズー」では手間も時間もかかる手彫りにこだわっている。ブライダルリングを刻印している職人が手彫りしており、金属に彫っているとは思えないほどなめらかな線で、ペンダントトップとリングではフォントが異なる。地金はプラチナ、K18が選べる。シンプルなので服を選ばずコーディネートができ、普段使いにも重宝する。

〇「ジョリー」

アールデコスタイルをベースにしたアンティーク調でありながら、現代にフィットするバランスを加味し、繊細なアレンジを効かせたデザインに。華やかでありながら飽きの来ない普遍的なデザインなので、オンオフ問わずに身につけられる。全6種でペンダントトップとリングの展開。写真はブルージルコン×ルビー×K18の組み合わせ。

〇セミオーダージュエリー

GINZA SIX店ではオリジナリティのあるジュエリーが作れるセミオーダーを受け付けており、リングは約700パターン、ネックレスは1400パターン以上のカスタマイズが可能。18種の色とりどりの宝石から、好みのカラーや自身の誕生石など1石を選定、石を入れるデザインの枠(リングは13種、ネックレスは3種、チェーンの種類と長さ)を選ぶ。

枠の素材もプラチナ、K18イエローゴールド、K18ピンクゴールドから選べる。縦留め、横留め、マット加工、鏡面加工も選択が可能で、ダイヤモンドを使用したボリュームある新しいデザインの枠も登場しGINZA SIX先行で販売する。

宝石の個性を最大限に活かすシンプルなものや、金細工が華やかさをもたらすものなど、多彩なデザイン。すべて“宝石の街”として知られる山梨県甲府の工房で、熟練のジュエリークラフトマンたちが、ひとつずつ丁寧にハンドメイドで仕上げるため、完成まで1か月~2か月ほど要する。

セミオーダーで人気は世界三大宝石のひとつパライバトルマリン。明るいブルーが特徴で、コレクターも多い宝石。光によってカラーが変化する世界三大希少石のアレキサンドロイドも注目されている。セミオーダーはGINZA SIX店のほか、新宿店、日本橋店、大阪心斎橋店で対応している。

【AJの読み】自分へのごほうび買いが圧倒的!女性が欲しくなるジュエリーが豊富

本文で紹介したが、「ビズー」では売り上げの9割が“自分へのごほうび”に買う自家需要。色鮮やかなカラーストーン、華やかなものから日々身に着けられる等身大の宝石まで、コーディネートが楽しくなる感度の高いデザインが揃う。女性が身に着けたいと思う欲しいジュエリーが豊富なのが「ビズー」の魅力だろう。

文/阿部純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。