小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投資系YouTuberが注目する「インデックス投資」はやるべきか?

2021.04.01

投資系人気YouTuber

大流行「インデックス投資」やるべき?

大流行「インデックス投資」やるべき?

「インデックス投資」を使って究極の「分散投資」を

  今、個別の企業ではなく、日経平均などの指数(インデックス)に投資する「インデックス投資」がYouTubeでたびたび紹介されていますが、いかがですか?

ぽんちよ インデックス投資って、よくても年数%のリターンですよね? パフォーマンスが悪いので、ちょっと……。

ろっく 私は、有効だとは思いますよ。投資初心者に、インデックス投資の積み立てを「ほったらかし投資」と称して流行った時期がありましたし、昨年も随分YouTubeで見かけた気がします。

株の買い時 この話をする時って、積み立て投資が必ずセットになりますよね。なぜなら、インデックス投資によって「指数に含まれる銘柄に分散投資」ができるし、毎月コツコツ積み立てることが、暴落やバブルなどを気にせず買える「時間分散」になるから。そういう意味でこの組み合わせは「究極の分散投資」といえます。

 分散を極めるなら、全世界の株価の平均値に連動する「全世界株式インデックス」に投資するのも有効ですね。

ロジャーパパ パフォーマンスが悪いのを気にするなら、リスクが高い代わりに平均リターンが10%近い、新興国株式インデックスなどを組み合わせるという手段もありますよ。

代表的な「全世界株式インデックス」投資信託

代表的な「全世界株式インデックス」投資信託

信託報酬(手間手数料)が安い順に記載。おおまかに言えば「全世界の株式をちょっとずつ買う」というもので、直近では8%超と好成績を残しているものばかり。

DIME5月号では「YouTube」を大特集!

なお、DIME5月号では、学べるYouTubeチャンネルを大特集! スキルアップや学び直しに使える実践的なYouTube チャンネルを一挙紹介しています。

セブンネットショッピングで購入 → https://7net.omni7.jp/detail/1225512761

※電子版には付録は同梱されません。

好評発売中!DIME最新号の大特集は「株投資の新常識」、特別付録は「スマホLIVEスタンド」

「DIME」6月号の特別付録は、動画の視聴、撮影、配信までいろいろ使える「スマホLIVEスタンド」。

6.5インチまでのスマートフォンをがっちりホールドできるスマホスタンドで、ホールド部分が360度の首振りに対応しており、しかも、高さが無段階で22cm〜32cmまで調節できるスグレモノ。

テレワークをしながら、ソファに座りながら、お風呂に入りながら、ヨガをしながら、キッチンで料理をしながら、といった形で、好きな角度、好きな高さで動画を視聴できるのがうれしい。特に、テレワーク時にオンライン会議用に使ったり、サブモニターとして使えるのもポイントだ。

もちろん、視聴するだけでなく、動画を撮影する時も好きな場所に、好きなアングルで固定設置できるのが便利。ゴルフスイングの練習用に、あるいは、料理のレシピ動画のふかん撮影用にも使えるほか、TikTokやInstagramなどに投稿する動画を撮影したり、そのままライブ配信したりする時にも便利。

また、食事を作る時にキッチンに置いてスマホをセットすれば、ちょうどいい高さでレシピ動画を見ながらが料理ができる。また、360度の首振りにも対応しているので、自身が作った料理のレシピ動画も簡単に撮影できる!

さらには、お気に入りの模型やフィギュアをこのスタンドに固定して撮影したり、あるいは、スマホを固定して簡易的なドライブレコーダーとして使うことも可能だ。

主要なオンライン書店は完売しております。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

取材・文/久我吉史

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。