人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気の投資系YouTuberが徹底討論!2021年は日本株と米国株どっちが強い?

2021.03.20

投資系人気YouTuber

★こちらの記事はDIME4月号(2/16発売)に掲載されたものです。掲載している情報は2月1日現在のものとなります。

2021年は日本と米国どっちが強い?

ぽんちよVSロック

どっちも伸びる!けど強いて言うなら……

  こんなご時世なのでZoom越しの座談会ですがよろしくお願いします。早速ですが、2021年は日本株と米国株のどちらが大きく伸びると考えていますか?

ろっく 日本株でしょう。全世界で株価が上がっているのは政府がお金を配りまくっている影響ですが、バラマキで増えたお金に対して各国の株価伸び率を調べたら、日本は米国よりも低かった。伸び代があるというわけです。

ぽんちよ 私は米国株が伸びると思います。お金がいくらバラまかれようと、日本は株価の伸びが弱いのでは。例えば米ナスダック指数が上がった時、日本のマザーズ指数は伸び悩んでいたことが多かった。今後も同じ展開が続くと見ています。

株の買い時 投資家心理的には、世界経済の中心である米国のほうに投資マネーは集まると思いますが、日本株の期待度も高く、私は無視できないと思っています。

  注目のセクターはありますか?

株の買い時 クリーンエネルギーと半導体の2つですね。バイデン大統領が国策として脱炭素化に躍起だし、半導体はクリーンエネルギーの発電部品とか電気自動車(EV)の部品とかに欠かせない。

ろっく 半導体は今、EVの需要に対して製造が間に合っていないみたい。製造需要が高まっているわけだから、半導体は日本・米国ともに期待できそうですね。

ロジャーパパ 米国のクリーンエネルギー銘柄の企業たちは、政府からのバックアップがないと動きづらいと見ています。新政権での法案可決を待って、これらの企業に本当にお金が入ってから投資しても遅くはないでしょう。

低迷し続けた日経平均株価がいよいよ目覚め!?

低迷し続けた日経平均株価がいよいよ目覚め!?

コロナ禍によって低迷する経済に対し、金融緩和政策が日本でも行なわれ、どんどんお金が刷られる。市中に出回るお金が多くなることが、株価の最高値更新の材料となりそうだ。

バイデン政権が掲げている主な政策

バイデン政権が掲げている主な政策

「環境・インフラ支援」では脱炭素化を進めており、クリーンエネルギーセクターに期待が持てる。

バイデン政権が掲げている主な政策

これらのジャンルは日本・米国ともに上昇期待が高く、今から投資しても乗り遅れる心配は少ないだろう。

より詳しく、わかりやすく「米国株」の賢い買い方や資産の殖やし方を解説!
『DIME MONEY 本当に儲かる米国株の買い方』各電子書店で好評発売中!

『DIME MONEY 本当に儲かる米国株の買い方』各電子書店で好評発売中!

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから
詳細はこちら

 

取材・文/久我吉史

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。