人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スティッククリーナー、UMPC、デジタルノート、シーリングライト、DIMEの連載陣が選んだ今一番欲しい便利家電4選

2021.03.13

3/16発売のDIME5月号では「新発想の家電」を大特集! 今回は雑誌の発売に先駆け、本誌きっての目利きである連載陣にジャンル不問で、今注目している家電を挙げてもらった。どうして気になっているのか? その理由とともにご紹介!

アマゾンでの購入はこちらから


DIME5月号は主要ネット書店では発売前に完売してしまう可能性もあります。追加で納品されることもありますが、ぜひお早めに、お近くの書店、コンビニなどでお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

床の上を浮くように進む
バルミューダのスティック型クリーナー

バルミューダ
『BALMUDA The Cleaner』
5万4000円

独自技術でなめらかなかけ心地を実現。付属のアタッチメントを付け替えれば、ハンディータイプに早変わりする。連続使用時間は30分。サイクロン方式。

内側に回転する2本のブラシが、床との摩擦を低減。360度可動のジョイントと相まって、スムーズな動きを実現した。

「これまでの掃除機は吸引力のみでしか語られてこなかったけど、これは使い勝手の良さ。ホウキ感覚で、縦横斜めに自由に動く!」

放送作家・脚本家
小山薫堂さん
『料理の鉄人』『世界遺産』など数多くの人気番組を手がける。2025年大阪万博のエリアフォーカスプロデューサーでもある。
『小山薫堂のscenes』担当

外出先でeSportsも楽しめる
ONE-NETBOOKのゲーミングUMPC

ONE-NETBOOK
『OneGx1 Pro 国内正規版』
16万8000円~

CPUにインテルCore i7-1160G7、内蔵GPUにインテルIris Xeグラフィックスを搭載。専用ローラーを装着すればゲーミングマシンに早変わり!

本体サイドに最新USB-C4.0ポートを2基搭載。eGPUボックスを使えば性能の拡張も可能に。

「休日、外出先で急に仕事をする際、Windowsでないと……という場面は意外に多い。日常と同等のCPU であることもポイント。」

航空・旅行アナリスト
鳥海高太朗さん
食品会社、城西国際大学観光学部助手を経て現職へ。航空会社のマーケティング戦略を専門とする。帝京大学非常勤講師。
『ワンランク上でいこう! Business Travel Hacks』担当

情報管理の煩雑さを解消する
キングジムのデジタルノート

キングジム『フリーノ』
オープン価格(実勢価格約4万5000円)

16階調グレースケール表示に対応した6.8型電子ペーパーディスプレイ搭載。B6、重量約240g(専用デジタルペン含む)の本体に約8万7000ページ分のノートデータを保存できる。PDFの閲覧や書き込み可。

ワコム社製のデジタイザーとデジタルペンを採用。4096段階で筆圧検知するなど、リアルな筆記感も魅力。

「手書きや描画はとても軽快。ですが、ファイルの操作感がイマイチ。次バージョンが出たらいいな、と思っています。」

作家
沢しおんさん
作家、IT関連企業役員。現在は自治体でDX戦略の顧問も務めている。2020年東京都知事選にて9位(2万738票)で落選。
『沢しおん TOKYO2040』担当

声で話しかけて操作する
アイリスオーヤマの音声操作式照明

アイリスオーヤマ
『音声操作シーリングライト クリアフレーム』
1万4800円〜(6畳)

「アイリス」「あかりをつけて」と話しかけるだけで点灯。予め指定されたキーワードに合わせて音声操作ができる。買い物帰りで手がふさがっている時にもラクできる。

無線LANやスマートスピーカーの設置・設定は不要。音声というインターフェイスで操作できるので寝室に導入したい。

「ライトの点灯、消灯だけでなく、「あたたかいいろ」「しろいいろ」「くらくして」などのキーワードで調光もできる。調色機能はシーリングライトのみ対応。」

クロスリバー代表
越川慎司さん
元日本マイクロソフト業務執行役員。現職のほか、約700名のほぼ全員がリモートワークをしているキャスターの事業責任者も兼務。
『ショートカット仕事術 個人で始める働き方改革!』担当

コスパ最高!メイク、スキンケア、表情チェックに使えるDIME5月号の雑誌付録「LEDビューティーミラー」

  毎号、話題を集めている雑誌「DIME」の付録。3月16日(※一部エリアでは3月15日)に発売される5月号では「LEDピューティーミラー」が登場する。「LEDビューティーミラー」とは、特に、メイク好きの人や、メイクが上手になりたい人たちが愛用する、いわゆるメイクアップミラー。ミラーの良し悪しでメイクの仕上がりも変わってくるとも言われている。

 今回、DIMEに添付されるのは、LEDライトを搭載した卓上スタンドタイプで、3倍拡大鏡も付いてくる。27個のLEDを内蔵しており、タッチセンサーで発光色も3パターン切り替えられるというスグレモノ。また、USBで給電するタイプなので、電池切れを気にせず、PCやモバイルバッテリーなどにつないで使えるのもポイント。

 一般的に「女優ミラー」や「ハリウッドミラー」とも呼ばれるLEDなどのライト付きのミラーなので、メイクをよりきれいに仕上げやすくなるはず。天候や部屋の照明の影響を受けないため、顔に影ができにくく厚塗りやムラ付きの防止にもつながるのが特徴だ。ミラーを使えば、全体も、ディテールも、チェックしやすくなるので、メイクの仕上がりにも違いが出てくる。

 しかも、拡大鏡を使うと、さらに細部まで見えるようになるので、毛穴のカバーやマスカラなど微調整が必要なメイクが簡単にできるのがうれしい。Zoomなどを使ったオンライン会議やライブ配信の前や途中で、メイクや身だしなみ、表情のチェックをするのにも便利なこの「LEDビューティーミラー」、すでに、主要オンライン書店では、予約を受付中。気になる方は、早めの予約をおすすめしたい。

DIME5月号の特集は「学べるYouTube」と「話題の新発想家電55」

 

アマゾンでの購入はこちらから


DIME5月号は主要ネット書店では発売前に完売してしまう可能性もあります。追加で納品されることもありますが、ぜひお早めに、お近くの書店、コンビニなどでお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

取材・文/渡辺和博

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。