小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

折りたたみタイプのiPhoneは登場するのか?Apple Pencil対応モデルなど気になるウワサを検証

2021.03.14

https://www.macrumors.com/2021/01/15/iphone-13-in-display-fingerprint-sensor/

最近機種を増やしている、折りたたみスマートフォン

一方で、iPhoneの折りたたみモデルの投入も噂されている

はたして折りたたみiPhoneは実現するのだろうか

長らく噂されていた進化

https://9to5mac.com/2018/10/16/folding-iphone/

折りたたみスマートフォンのメリットといえば、なんといっても大画面を折りたたんで持ち運べることだ。これにより、タブレットサイズの画面を横折りしてスマートフォンのサイズで持ち運んだり、あるいは懐かしのガラケー(フィーチャーフォン)のように画面を縦折りすることもできる。

一方で、米アップルは折りたたみスマートフォンが市場に登場する前から、折りたたみiPhoneに関する特許を出願していた。例えば2018年に認可された上の特許では、フレキシブルディスプレイと特殊なヒンジを備えたスマートフォンのアイディアが説明されている。

このフレキシブルディスプレイには、柔軟に曲げることが可能な有機ELディスプレイの採用が有力視されている。有機ELディスプレイは韓国サムスンやLGの折りたたみスマートフォンでも採用されており、最も現実的な選択肢だろう。

予想外の画面分割式?

https://www.microsoft.com/en-us/surface/devices/surface-duo?activetab=overview

折りたたみスマートフォンの多くは先述のように曲げることができるフレキシブルディスプレイを採用しているが、米マイクロソフトの「Surface Duo」のように分割した2画面を搭載したものもある。

そして著名リークアカウントのJon Prosser氏が2020年に伝えた報告によると、折りたたみiPhoneも2画面をヒンジでつないだ機構になるという。またヒンジ部分のベゼルが目立たないように布製の素材を採用し、デザイン性の高さとホコリの混入防止を実現するという。

また生体認証システムとしては、外側のディスプレイの上部に顔認証システム「Face ID」を搭載するという。なお、昨年の時点では折りたたみiPhoneは2022年に投入されるとの報道が複数登場していたが、一方でBloombergは発売時期は数年後になると伝えている。

縦折りタイプやApple Pencil対応も?

https://www.cultofmac.com/734531/folding-iphone-design-fun-colorful-flip-phone-fold/

また、アップルはさまざまなスタイルや機能の折りたたみiPhoneを検討している可能性がある。調査会社のOmdiaは、折りたたみiPhoneには7.3〜7.6インチのディスプレイが採用され、スタイラス「Apple Pencil」に対応すると報告している。

さらに今年に入り、先述のProsser氏は「折りたたみiPhoneでは縦折りタイプも検討されており、複数の明るいカラーラインナップが含まれる」と報告している。この縦折りタイプは展開時は通常のiPhoneと同一サイズで、折りたたむとその半分のコンパクトサイズになるという。

最近ますますそのラインナップを増やしつつある折りたたみスマートフォンだが、iPhoneが同分野に進出すれば、製品普及の起爆剤となることだろう。ポケットやバッグから折りたたみiPhoneを取り出し、パカッと広げる…そんな未来が早くきてほしいものだ。

文/塚本直樹

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。