小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

値段も手頃でカワイイ!自宅にいる家族とメッセージのやりとりができるユカイ工学のコミュニケーションロボット「BOCCO emo」

2021.03.12

ユカイ工学は、コミュニケーションロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」のWi-Fiモデルを発売した。価格は40,000円(税別)。

「BOCCO emo」は、2015年に誕生したコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」の次世代モデル。

音声メッセージの送受信、センサ連携、天気配信やリマインド機能、IoT機器との連動などの機能に加え、最新の「高性能の音声認識技術」を搭載し、今までにない新しいカタチの、コミュニケーション・インターフェースへと進化。

ただ音声コマンドを実行する無機質な物体ではなく、日常の会話や挨拶などに対して独自の言語(エモ語)や動きでリアクションし、共感を生む振る舞いを目指しているという。



※IoTデバイスとの連携、防災情報の配信については今後のアップデートにより利用可能となる予定。

具体的な機能としては、専用の「BOCCO emoアプリ」からテキストか音声でメッセージを送るとBOCCO emoが読み上げてくれるほか、BOCCO emoからも声のメッセージを録音してアプリに送信することが可能。また、録音された音声は文字に書き起こしをしてくれるので、読んで内容を確認することもできる。

さらに、ゴミの日などの毎日の予定や、家族の誕生日などの大切な予定をアプリで設定すると、BOCCO emoが知らせてくれるリマインダー通知機能も搭載。

加えて、「エモちゃん、メッセージ再生して」などの声がけで操作ができるうえ、愛称を好きな呼び名に設定することも可能。「エモちゃんただいま」「疲れたなー」などのなにげないつぶやきに反応するのも嬉しいポイントだ。

そのほか、別売りの各種センサと連携して、家族の帰宅を知らせたり部屋の温度を計ったりすることも可能だ。

シンプルな丸みのあるフォルムが愛らしく、家族をつなぐコミュニケーションロボットとしての役割はもちろん、癒し効果も期待できそうだ。

本体サイズはW95×D95×H141mm、重量は400g。なお、使用にはWi-Fiルーターとスマホが必要となる。

製品情報
https://www.bocco.me/emo/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。