人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1GB未満なら0円、基地局建設計画、iPhone取り扱いの可能性、楽天モバイルの未来は明るいか?

2021.03.13

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は楽天モバイルのこれからについて話し合います。

★本記事は2月に取材したものです。締め切りの都合により、3/12に発表になった日本郵政グループと楽天の資本業務提携に関する内容は盛り込んでおりません。ご了承ください。

※新型コロナウイルス対策を行っております

楽天モバイルの「1GBまで0円」はお得だけれど……

房野氏:2020年に、通信会社としての本格的サービスを開始した楽天モバイルですが、現状はいかがでしょうか?

房野氏

石川氏:楽天モバイルは今回の従量制プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」でかなり頑張ったと思います。懸念材料として1GBまで0円ということなので、契約だけして使わずに寝かせる回線契約が増えるのではないかという点。また、犯罪者が悪用しないかは気になります。とはいえ、継続できるビジネスモデルなのかは疑問ですね。

Rakuten UN-LIMIT VI

石川氏

石野氏:IIJ mioの新しい料金プランのeSIMプランと組み合わせると、合わせて毎月3GBの通信が可能で、Rakuten LINKから発信すれば通話かけ放題になる。楽天モバイルの説明を聞いていて、先行きがちょっと心配になります。いくら楽天グループのエコシステムに寄与するといっても、通信設備への投資にいくらかかるんだという話ではあり、かかったコストをすぐに回収できるのかといわれるといまいち信じられない。

IIJ mio

石野氏

法林氏:楽天モバイルのユーザーの中には楽天カードを持っていたり、楽天市場を利用しているという人は多いでしょう。問題は今の段階で、楽天経済圏に足を踏み入れていない人たちが、どれくらいモバイル以外のサービスに目を向けてくれるのかという点です。楽天が主張することの意味はわかりますが、実際にユーザーが関心を示すかどうかは難しいところ。楽天モバイルは、もう少しアピールの仕方に気を付けなければいけないと思います。

法林氏

石川氏:楽天の発表会を見ていて良かったと感じたのは、建設する基地局の数を増やすという話です。現実が見えてきたというか、今のままでは足りないことがわかったため、基地局整備費を6000億円から1兆円規模に拡大する。ただ、楽天モバイル回線がカバーできていないエリアでは、KDDIの回線でローミングするのですが、これを終了するまではKDDIに支払う費用が楽天モバイルにかかり続けるので、2023年に黒字化する計画は厳しいのではないでしょうか。

石野氏:結局、僕らが最初から言っていた通り、設備投資額が足りませんでしたね。楽天側は当時、「大丈夫だ」って言い切ってましたけれど。

法林氏:三木谷さんや山田善久社長が「思っていたよりお金がかかりました」といってくれれば納得できるのですが、そのような発言もなかった。

石野氏:ユーザーから見れば、〝使わなければタダなのでとりあえず契約しておけ〟という料金プランになったので、おすすめしやすくなりました。特に楽天市場で買い物をしている人は、ポイント還元率が1%上がったので、使わなくてもいいから契約したほうがよくなりましたね。ただし、楽天ゴールドカードが還元率マイナス1%に改定されたので、その分を振り分けしなおしたという構図ではあります。

石川氏:モバイル事業にお金がかかるので、楽天グループ全体を蝕んでしまわないかという懸念もあります。楽天の決算発表を見ると、モバイルと旅行事業以外は好調なのに赤字が続いています。

石野氏:モバイルはかかるコストが莫大ですからね。特に設備投資にかかるコストは本当に桁違いです。

石川氏:しばらくは赤字が続くのではないでしょうか。仮に今年の夏に人口カバー率96%を達成したとしても、それで終わりではありません。96%以降はプラチナバンドの割り当て待ちという気もしますが、割り当てされたとしても相当な時間やお金がかかります。

石野氏:しかも人口カバー率96%という話は4G回線での話。現時点で他社に対して周回遅れなんですよね。au、ソフトバンクは来年3月に5Gの人口カバー率を90%にするといっている中で、いまだに4Gの人口カバー率で試行錯誤しているのでは厳しいです。これから5Gへの投資がかさむのに、なぜ4Gの投資額を基準に語っているのかが疑問です。5Gの人口カバー率について発表会で質問したのですが、ぼやけた回答でした。

法林氏:現状じゃ5Gに関して発言できないよね。最初から僕らが指摘してきたことが実証されてしまったというか、「ほら、言わんこっちゃない」という話ばかりなんですよ。

石川氏:僕たちが楽天モバイルに対してどんな指摘をしたのか、一度振り返ってみたいですよね(笑)

石野氏:月額使用量が1GB以下の場合0円になる料金プランですが、いつまで継続できるかという心配もありますね。持続できる望みはかなり少ないと思います。

石川氏:どこかから、突っ込まれないのかなとも思いますね。

石野氏:ただし、他社への影響力はそんなに大きくないかもしれません。というのも、「Rakuten UN-LIMIT VI」から他社へMNPをして乗り換えするユーザーより、契約を残したままでスリープ回線にする人が多くなると思うので、ある意味、競争を妨害していないとも考えられます。

石川氏:ほかの3キャリアに関して楽天モバイルは弱い立場なので、競争の阻害にはならなさそうですが、対MVNOに関してはかなり競争を阻害している印象もありますよね。IIJ mioの発表会でも楽天モバイルについて触れられていましたし。

石野氏:といいつつIIJ mioは楽天モバイルの料金プランに便乗しています。0円プランは他社に利用されてしまうことが往々にしてあるということです。

石川氏:賢く使う人が増えそうではあります。楽天モバイルの電話から他社宛てに電話をかけると接続料が他社にいってしまうので、お金は出ていくだけになってしまいます。また、auのローミングサービスをユーザーに5GB以上使われると、契約者から毎月1980円しか入らないのに、auには毎月2500円の回線使用料を楽天モバイルは支払わなければならず、赤字になります。収入ではなく出費する仕組みになってしまっているので、やはり心配なプランですね。

法林氏:楽天モバイルで契約した人が、楽天経済圏でどれだけお金を使ってくれるのかがポイントでしょう。昨年5月ごろの統計を見たことがありますが、楽天モバイルに加入すると、楽天市場の使用率は30%ほど上がるらしい。しっかりと効果が出るのであれば利益は上がるのかもしれません。ただ、株式やカードは手数料ビジネスなので、複数回利用してくれないと、経営的には厳しいはずです。

石川氏:キャリア事業のうまみはやはり通信料収入で儲かるところです。ソフトバンクは全体の3割弱といっていますが、ドコモやKDDIを見ると圧倒的に通信分野で儲けています。となるとそこで儲けられない楽天モバイルは、通信業界へ参入した意味があるのかどうか……微妙になってしまいます。

法林氏:基本的に楽天モバイルは当面通信で勝負できないので、現状は仕方のない部分ではありますが。

MVNO事業はどうなるか? ネットワークの品質は?

法林氏:気になるのは楽天モバイルがMVNO事業の巻き取りを全力でやっていないところ。武田総務大臣は突っ込まないのかな。MVNO事業にかかるコストを設備投資などへ回せばいいのにやっていない。ここは楽天モバイルも総務省も考え直してほしい。

石野氏:今回の新料金プランで多少、ユーザーの動きはありそうですけどね。

石川氏:ただ、MVNOはドコモネットワークを利用しています。優秀な回線から楽天モバイルのネットワークに移るのはユーザーとしてはつらいかもしれませんね。

法林氏:場所にもよると思いますよ。東京都23区内で路面に近い住宅ならば、楽天モバイルも便利に使えると思います。戸建てに住んでいれば問題ないかもしれませんが、例えば高層マンションの最上階に住んでいたりすると電波が届かないかもしれません。

石野氏:僕が住んでいるマンションはauより楽天が入ります。びっくりしたのが、マンションのエレベーターで電波が届くのは楽天モバイルだけなんですよ。

法林氏:楽天モバイルが新規参入したからですが、携帯電話の電波がつながる、つながらないという話って長らくしていませんでした。5Gしかり楽天モバイルしかり、回線がつながるかどうかを確かめる作業って、自分にはちょっと新鮮でしたね。

楽天モバイルを契約するなら今!?

房野氏:楽天モバイルに今後、期待できるとしたらどのようなところでしょうか。

石野氏:いや、今のプランも十分良くて、なんなら全国民が契約したっていいと思いますよ。0円ですから、2台目需要にも答えられます。特に楽天でポイントをためている人は契約しないと損ですから、SIMカードのまま置いておくのもありなのではないでしょうか。

法林氏:ダメ、ダメ。一度は開通させないと(笑)

 でも、契約って簡単な話ではなくて、ユーザーには大きな障壁なんだけどね。メインの回線として使う人はチャレンジャーであるのは確かだし。僕らも明日からメイン回線を楽天モバイルでといわれると、東京に住んでいるからまだ使えるけど、でも、ビルの奥に行くとつながらないこともある。

石野氏:とはいえタダなので1回線持っておいてもいいと思います。ついでに「Rakuten Hand」もタダでゲットしておいてください。

Rakuten Hand

楽天モバイルはiPhoneの販売をするの!?

法林氏:改めて楽天モバイルの利用確認情報を見て思いましたが、楽天モバイル回線とパートナー回線の自動切換えができない端末が多すぎます。

石川氏:あと端末のラインアップが増えないですよね。

房野氏:楽天モバイルからiPhoneは出ないのでしょうか。

iPhone SE

法林氏:契約者数300万人ではまだアップルから相手にされないでしょう。もう一桁上の契約者数を獲得しないと、iPhoneの販売契約をアップルと結ぶのは厳しいと思います。

石野氏:ティム・クック(アップルの最高経営責任者)への楽天の接待が足りませんね(笑)

石川氏:端末の種類が増えないのは気になりますし、端末メーカーも楽天モバイルに対してあまり乗り気ではないことが伝わってきます。楽天モバイルは自前の端末に力をいれていますが、ユーザーからすると、他社で今まで使っていた端末をそのまま使いたいはずなので、本来であればXperiaシリーズなどの取り扱いも欲しいです。

石野氏:AQUOSもsense5Gは出ませんね。

AQUOS sense5G

法林氏:5G端末が発売されないことで楽天モバイルの立ち位置がわかりますね。楽天モバイルを見限ったかもって思ったのはサムスン。Galaxy A7は売れたけどほかがダメでしたから。

Galaxy A7

石野氏:0円狙いのユーザーもいるであろう楽天モバイルのユーザー層に、高額なGalaxy Noteは売りにくいですよね。

法林氏:しかも取り扱いは一世代前のNote 10ですからね。シャープは通信キャリアの規模だけを判断基準にしていないでしょうが、ソニーもサムスンも売れ行きが伸びない限りは商売にならないので、楽天モバイルに本腰を入れることはしばらくないかもしれません。

石野氏:AQUOS sense4は楽天モデルだけeSIM対応しており、頑張ってはいますけどね。

法林氏:今のラインアップだと人気を呼ぶスマートフォンがないし、楽天モバイル専売のスマートフォンも少ないので、端末の販売状況は厳しいですね。

石野氏:Rakuten Handがありますよ。おサイフケータイがついているし、タダと考えれば十分なスマートフォンです。

石川氏:総務省が端末の値引きを規制してしまったことが、楽天モバイルにとっては逆風になってしまいました。スマートフォンって、使って初めてわかることもありますから。

法林氏:楽天モバイルの規模とかシェアに合わせて、優遇措置を総務省が認めてくれれば良かったんだけどね。あと5G端末が少ないのが厳しいです。今はRakuten BIGとAQUOS R5Gだけですから。5Gを使えるエリアが狭いので関係ないのかもしれませんが。楽天モバイルの4Gエリアの広がりと、ほか3キャリアの5Gエリアの広がりと、どっちが上位になるかは注目です。auとソフトバンクは4Gから5Gへの転用も始まるので、あっという間に抜かされてしまうかもしれません。

石野氏:今の楽天モバイルの4Gエリアは、1年後のau、ソフトバンクの5Gエリア予定に負けていますからね。

......続く!

次回は、アップルの新製品について話し合いをする予定です。ご期待ください。

法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

構成/中馬幹弘
文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。