小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

33年ぶりに王子が帰ってきた!Amazon Prime Videoで復活した80年代の大ヒットコメディ映画「星の王子 ニューヨークへ行く 2」

2021.03.11

あの星の王子が33年ぶりに帰ってきた!

本作で国王になったアキームは、シャーマンのお告げにより存在を知らされた婚外子の息子に会うため、再びニューヨークへと旅立つ。

80年代の大ヒットコメディ映画『星の王子ニューヨークへ行く』(1988年)の続編『星の王子 ニューヨークへ行く 2』が、2021年3月5日よりAmazon Prime Videoで独占配信中。

エディ・マーフィ演じる主人公・アキームを始め、前作で活躍した懐かしい登場人物が大勢登場する。

©Images courtesy of Amazon Studios

あらすじ

『星の王子ニューヨークへ行く』から33年。ニューヨークで出会った女性リサ(シャーリー・ヘドリー)との真実の愛を大切に育んできたザムンダ王国の王子アキーム(エディ・マーフィ)は、3人の娘の父親となっていた。

家族や親友セミ(アーセニオ・ホール)たちに囲まれ基本的には幸せに暮らしていたが、度々戦争を匂わせながら政略結婚を持ち掛けてくる隣国ネクスドリアのイジー将軍に頭を悩ませていた。

3姉妹の長女ミーカ(キキ・レイン)は王位継承を望んで努力を重ねてきたのだが、病床に伏す国王ジョフィ・ジャファは男子による王位継承にこだわっていた。

そんな中、国王お抱えのシャーマンが「アキームの息子がニューヨークにいる」というお告げを受ける。最初は身に覚えのないアキームだったが、33年前のニューヨーク滞在中に一度だけ関係を持った女性との間に誕生した子であることが判明。

ジョフィ・ジャファが崩御し、いよいよイジー将軍の脅威が迫る中、国王となったアキームは王位継承者となる息子に会うためセミと共に33年ぶりのニューヨークへと飛び立つ。

©Images courtesy of Amazon Studios

見どころ

格差社会や黒人差別・女性差別などの社会問題を扱いながらも、湿っぽさは皆無。終始明るく軽快、笑いに満ちている。重大な事も、全て即断即決の登場人物たち。全員フットワークが軽すぎて、気持ちがいい。

アキームの息子であるラベル・ジョンソンは、父親譲りの優しさと勇気と賢さの持ち主。経済的な苦労はあったが、底抜けに明るく強い母マリアと叔父に愛情をたっぷり注がれてきたようだ。しかし学歴もコネもないため、ニューヨークでなかなかチャンスを掴めず、ダフ屋で生計を立てていた。

一方アキームの長女ミーカも、懸命に努力を重ねてきたにもかかわらず、さらに国王の娘という立場にありながらも、“女性”というだけで王位継承者として認めてもらえない。突然アメリカから次期国王候補としてやってきた観光客気分のラベルに対して、悔しい思いを抱くのは当然だ。

男子のみが王位継承者となるのは、ザムンダ王国の伝統であり法律。しかし時代は変わった。この難しい局面に、聡明で心優しきアキーム王子は果たしてどのような采配を下すのか?

昨今の他の作品と同様に女性差別が全面に押し出されているように見える本作だが、実は“古い男らしさからの解放”というメッセージも込められているように思う。

アキームもラベルも、従来“男らしい”とされてきた冷酷さ、無慈悲さ、攻撃性など“ハードな強さ”は持ち合わせていない。しかし、情け深さや寛容さ、柔軟な賢さという“ソフトな強さ”を持っている。“柔よく剛を制す”な男性は、決して「軟弱者」ではないことも強調している。

現代社会に合わせて練られた心温まるストーリーはもちろん、個性的で楽しい登場人物たちや、歌ありダンスありのミュージカルショーも見どころ。

訪問のたびに毎回ド派手なダンスパフォーマンスで楽しませてくれるイジー将軍は、邪悪さ満点の敵ながらなぜか憎めない。ネクスドリア軍の訓練シーンに『ダンスダンスレボリューション』が一瞬映ったりするなど、思わずニヤリとしてしまうシーンも多い。

©Images courtesy of Amazon Studios

『星の王子 ニューヨークへ行く 2』
Amazon Prime Videoで独占配信中

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。