人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AI音声処理技術で騒音下でも音を明瞭に聴けるフィリップスのAI補聴器「ヒアリンク」

2021.03.09

世界的な聴覚ヘルスケア企業・デマントの日本法人であるデマント・ジャパンは、 フィリップス補聴器初のAI音声処理技術を搭載したフィリップス ヒアリンク補聴器の新モデル「フィリップス ヒアリンク 9030/7030/5030 充電式補聴器」を発売した。価格はオープン。

デマントは、ロイヤル フィリップス社と商標ライセンス契約のもと独自開発したフィリップスブランドの補聴器を、昨年1月より日本市場で販売している。

この度発売した新製品は、学習済みの人工知能「AIサウンドテクノロジー」を採用したことによって、日常生活において効果的にリアルな聞こえを届け、多くの音が同時に存在する場面でも柔軟に対処できる高性能補聴器。

適合範囲は軽度~高度・重度難聴(105 dBHまで)で、スタイルは耳かけ型充電式補聴器「ミニRITE T R」となる。

また、デュアルコア2.4 GHz Bluetooth 低エネルギー(LE)搭載により、iPhoneやASHA対応のAndroidスマートフォンと補聴器をワイヤレス通信で接続して、電話通話、ビデオチャット、音楽などを高品質なストリーミングで楽しめる。テレビの音声を直接補聴器で聴いたり、さまざまなスマート端末と接続することが可能だ。

本機は充電式で、充電時間は3時間でフル充電できる高速充電を実現し、一日を通して補聴器を使用することができる。

カラーはベージュ、グレー、ブラックなど計6色を展開。

関連情報
https://www.hearingsolutions.philips.com/ja-jp/hearing-aids/hearing-aids/new-philips-hearlink

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。