人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Bリーグ所属チームのビジネスマネジメント力ランキング、3位宇都宮ブレックス、2位秋田ノーザンハピネッツ、1位は?

2021.03.08

B1は「川崎ブレイブサンダーズ」が初優勝、B2は「仙台89ERS」が2連覇

スポーツビジネスにおけるクラブのマネジメントでは、いかに試合に勝つかという「フィールドマネジメント」(以下FM)だけでなく、いかにビジネスとして収益を上げ、また事業拡大をするかという「ビジネスマネジメント」(以下BM)が重要になる。

今回デロイト トーマツ グルーはにおいて、スポーツビジネスを展開するスポーツビジネスグループは、国内男子プロバスケットボールリーグであるBリーグのB1とB2に所属する全クラブを対象に、ビジネスマネジメントの側面(経営面)でランキングした「Bリーグマネジメントカップ 2020」を発表。詳細を見ていきたい。

今回の「Bリーグマネジメントカップ」は、2019-20年シーズンの終盤に突如襲来した新型コロナ感染症の拡大により、Bリーグ は残り約3分の1のリーグ戦を未消化のまま終了せざるを得ないという前代未聞の状況となったことから昨年より厳しい結果になった。

BリーグやBリーグクラブは、未経験かつ先の見えない環境の中で、これまでのビジネスモデルを根本から見直す必要に迫られる厳しい状況に直面した。

このような困難な状況の中、今回B1部門において総合1位を獲得した川崎ブレイブサンダーズは、Bリーグの中でいち早く選手と協力してYouTube配信を取り入れるなどデジタルによる取り組みを推進するだけでなく、行政と連携して地域の企業向けにSDGs 勉強会を開催するなど、新たな付加価値の創造に着手している。

クラブとしての発展だけでなく、そのような公器を得たホームタウンが今後どのような発展を見せるのかも、引き続き注目のクラブだ。

「Bリーグ マネジメントカップ2020」ランキング上位結果

※数字はポイント数、★はディビジョン最高値。BMPはビジネスマネジメントポイントの略。

 昨シーズンから大きくBMポイントを伸ばした川崎が初優勝

川崎はマーケティング分野で3位、経営効率分野で1位、経営戦略分野で10位タイ、財務状況分野で6位となり、2位の秋田に6ポイント差をつけての優勝となった。

各分野で着実な成長を見せたが、特に大きな伸びが見られたのは財務分野。コロナ禍による期中のシーズン終了の影響などで各クラブが売上に苦戦するなか、昨年比約50%増の驚異的な売上高成長率を叩き出したのは、従来の広告宣伝モデルのスポンサー営業ではなく、スポーツコンテンツの特性を活用した課題解決モデルのスポンサー営業に注力した戦略的なBM施策が功を奏したものと思われる。

また、FM面での好成績もBM面に多分に良い効果をもたらしたことは明白で、まさにFMとBMの両輪がうまくかみ合った結果が表れたものと考えられる。新型コロナによる影響に出口が見えない中で、昨年の成長を止めない施策を続けられるか、引き続き注目だ。

※数字はポイント数、★はディビジョン最高値。BMPはビジネスマネジメントポイントの略。

 仙台が2位に20ポイント以上の大差で2連覇

B2部門の優勝クラブは、仙台の連覇となった。 仙台はマーケティング分野と経営戦略分野でともに1位、経営効率分野で3位、 財務状況分野で2位と全分野で好成績を収め、2位の広島に23ポイントもの圧倒的 な大差をつける堂々の2連覇。

 好成績の原動力はB2平均を大きく上回る集客力です。昨シーズンで大幅に伸ば した平均入場者数・アリーナ集客率を維持し、ブースターをがっちりと取り込んだ BM施策の効果が読み取れる。

また、期中のシーズン中断にも関わらず、物販収入 は昨シーズンを超える結果となった。地区優勝を果たしたFM面での効果をBM 面にうまくつなげられたものと考えられる。

 コロナ禍で集客への制約が続くが、ブースターの熱を冷めさせない施策を 続け、この状況をどう打破していくか今後の動向に期待だ。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。