人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍でも予想を上回る業績を達成したVWグループ、2021年も売上、販売台数ともに大幅増の見込み

2021.03.06

フォルクスワーゲン グループはこのほど、2020会計年度が予想を上回る業績だったことを発表した。

グループの効果的な危機管理、最大の単一市場である中国の急速な回復、堅調だったプレミアムセグメントおよびファイナンシャル サービス事業が好業績の鍵となり、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの影響を最小限に留めた。売上高(2,229億ユーロ:–11.8%)の動向は、販売台数(–16.4%)の動向を上回った。

ディーゼル問題に起因する特別項目計上前営業利益は、パンデミックにもかかわらず、106億ユーロ(–45.0%)の堅調な水準を達成。特別項目計上前営業利益率は4.8%(2019年:7.6%)だった。

自動車部門では、堅牢なビジネスモデルと厳格な運転資本管理により、64億ユーロ(同:–41.3%)の堅調なネットキャッシュフローを達成した。自動車部門の純流動性資産は25.9%上昇し、268億ユーロと順調に増加している。

取締役会および監査役会は、前年同様、普通株式1株あたり4.80ユーロ、優先株式1株あたり4.86ユーロの配当を提案している。

配当性向は、戦略的目標レベルの30%に近い、29.0%となっている。普通株式1株当たり利益は16.60ユーロ(同:26.60ユーロ)で、優先株式1株当たり利益は16.66ユーロ(同:26.66ユーロ)だった。

そして、2021年の見通しとしては、前年比で売上高と販売台数が大幅に増加する予想とのこと。営業利益率の予測は5.0〜6.5%とし、この範囲での上限を目指すという。

関連情報
https://www.volkswagen-newsroom.com/en/press-releases/volkswagen-group-closes-2020-stronger-than-expected-and-accelerates-transformation-6834

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。