人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

IoTメジャー、BLEビーコン、デジタルスケール、ワットチェッカー、どんどん使ってみたくなる計量・計測ギア5選

2021.03.07

@DIME記事の中から計量・計測ギアに関する記事5本を厳選して紹介。

物の位置・距離の測定や温湿度、加速度、圧力が計測できる「BLEビーコン」って知ってる?

BLEビーコンとは、Bluetooth Low Energy(BLE)を採用した電波発信機のことだ。ビーコンが探知したデータをレシーバーに転送することで、物の位置・距離の測定や温湿度・加速度・圧力などを把握できる。Bluetooth技術を利用しているので、動作に必要な電力が非常に小さく長期間設置も可能。またON・OFFを切り替えるスイッチも付いているので、使用しない場合はOFFにすれば電池の消耗も防げるのも魅力だ。

【参考】https://dime.jp/genre/531711/

こりゃ便利!計測したデータを電子化して記録する富士通のIoTメジャー『hakaruno』

富士通デザイン、プライムキャスト、富士通コンポーネントの各社はクラウドファンディングサービス ”Makuake”にて、フリマアプリやオークションサイトユーザー、およびアパレル店舗に向けた、画像内への寸法記載を行うためのスマートフォンアプリと、採寸用のデジタルメジャー『hakaruno(ハカルノ)』の商品化を実現を目的としたクラウドファンディングおよび先行予約を開始した。コースは1万5750円から。

【参考】https://dime.jp/genre/510307/

0.01g単位で計れる!ミニ四駆、ガンプラ、鉄道模型の製作に便利なデジタルポケットスケールPRO

昨年、発売するや否や、あっという間に完売となったDIME7月号の付録『デジタルポケットスケール』が、「PRO」にバージョンアップして帰ってきた!  ステンレス素材のシルバーを基調にした高級感たっぷりのデザインの、この『デジタルポケットスケールPRO』は、最大600gまで計ることができるポケットサイズの電子はかり。

【参考】https://dime.jp/genre/1072907/

球速、回転数、回転軸などを計測できるIoTボール『i-Ball Technical Pitch』

アクロディアはIoT野球ボール『i・Ball Technical Pitch』の一般販売をAmazonにて開始した。価格は1万9500円。『Technical Pitch』は、硬式野球ボールの中心部に9軸センサー(※)を内蔵したIoT製品だ。ボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で作られており、ボール本体を投げると投球データがスマートフォンに転送。「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」を計測し、専用サーバーで投球データの解析が可能になる。プロ野球の2017年秋季キャンプでは、複数の球団が「Technical Pitch」を試験的に採用したという。

【参考】https://dime.jp/genre/503276/

スマホをWi-Fiにつないで家電の消費電力を計測できるラトックシステムのBluetoothワットチェッカー「RS-WFWATTCH1」

自宅のWi-Fiに接続し、スマホを使って家電の消費電力を測れる優れ物を発見! それがラトックシステムから発売されたWi-Fi接続のワットチェッカー「RS-WFWATTCH1」。 手元で状況の確認をしたり操作したりするため、コンセントがどこにあっても OK。本体に画面があるタイプのワットチェッカーでは難しい機器の裏や、高所にあるコンセントにも安心して導入できる。

【参考】https://dime.jp/genre/1005431/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。