小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キャンドルとはちょっと違う!老舗メーカー・トヨトミの固形燃料ランタン「Re:ful FL-15CW」の炎に癒される

2021.03.14

炎の明かりや独特の揺らぎは人の心を落ち着かせる効果があるといわれている。そのためか、最近は炎のような光の演出をするLEDなどの「疑似炎」型の暖房なども人気。とはいえ、せっかくなら室内で手軽で安全に「本物の火」を楽しみたいもの。そんな要望に応えてくれそうなのが、トヨトミが発売するアロマディフューザーにもなる固形燃料ランタン「Re:ful(リフル) FL-15CW」だ。トヨトミといえば石油ファンヒーターで人気の老舗メーカー。そんな炎のスペシャリストが作った固形燃料ランタンとはどんなものなのか、じっくり試してみた。

Re:fulの魅力はなんといってもその存在感。本体サイズは幅160×奥行×高さ229mmと、両手では包み込めない存在感のある大きさ。ここに専用固形燃料を入れて炎を作り出すため、家庭用のキャンドルでは楽しめない大きめの炎を目の前で堪能できる。ガラスに映り込む炎もなかなか幻想的で良い雰囲気を出してくれる。

特徴的なのが本体加工などのこだわりだ。土台となる本体は国産の山桜をひとつひとつ旋盤加工にて削り出したもの。一方、本体上部に取り付ける防風ガラスフードは、職人がガラスを回しながら空気を吹き込む 「回し吹き」で成型。工業加工と違って表面に微妙な凹凸があり、手作りを強く感じさせてくれる。

手で包み込むだけ! ライター無しで手軽に点火

Re:fulは着火方法も独特だ。本体裏面には二つのタッチセンサーがあり、このタッチセンサーに同時に触れることで電池式(単3形乾電池×4本)の点火装置が加熱。本体中央においた専用固形燃料に点火装置が移動して着火する。専用固形燃料さえあれば、マッチやライターなどなくても手軽に着火できる点が魅力的だ。

ちなみに、タッチセンサーを同時に押す必要があるのは誤着火を防ぐため。このほか、本体裏側には持上げ時に通電を切るスイッチがあるなど、炎の専門メーカーだけに安全性に配慮した仕様。また、上記の動画では着火の様子がわかりやすいように正面からタッチセンサーに触れたが、本来、センサーは裏側に配置するのが正解。以下の動画のように、手で本体を包み込むようにするだけで、自然に指が両センサーに触れて着火する。「手で包み込むだけで火が着く」という、魔法使いのような体験ができる。

使用する専用の固形燃料は1パック12個入りで直販価格が税込み990円。燃料はフィルムのまま本体にセット可能で手が汚れず取り扱いがしやすい。固形燃料一個あたりの燃焼時間はスペック上は約15分とあるが、我が家では約20分近く燃えつづけてくれた。燃焼の途中で炎を止めたい場合は、標準付属する専用の消火フタで即座に消火もできる。

アロマのタブレットを使えばアロマディフューザーとしても

Re:fulは炎を楽しむだけではなく、専用タブレットをセットすることでアロマディフューザーとしても利用可能だ。専用タブレットはコイン型の素焼きの陶器で、ここに専用アロマオイルを数滴垂らして本体にセットする。タブレットが炎で加熱されることで、香りが部屋に立ちあがるという仕組み。専用アロマはベルガモット、ペパーミント、ラベンダー、イランイラン、ローズマリーの5種類から選択できる。

この数年、キャンプなどで一人用の小さな「焚き火台」が流行。さらに、炎が燃えるだけの動画配信に高い関心が集まるなど、火を楽しみたいという層は増えていると感じる。Re:fulはそんなユーザーが手軽かつ安全に室内で火を楽しめる、まさに「大人のための火遊び」ができる製品だ。また、曲線を多用したシンプルな本体デザインは、素材の良さがあるためか火を付けていない状態でもオブジェとして魅力的。日常生活では火を着けていない状態が多いRe:fulだけに、このデザイン性の高さも嬉しいポイントだ。

製品情報

・外形寸法:高さ229×幅160×奥行160mm
・質量:約1.2kg
・点火方式:電池点火
・使用燃料:固形燃料(専用燃料 主成分:メタノール)
・URL:http://www.toyotomi.jp/reful/

取材・文/倉本 春

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。