小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

こんなに小さい!親指サイズの超小型アクションカム「Insta360 GO 2」の実力検証

2021.03.10

アウトドアやスポーツにはかかせな~い! 今、この時のこの瞬間を動画に収めた~い!

「アクションカム」は、お手軽カンタンにアクション(動作)をカム(撮影)カムできちゃうのがその大きな特徴です。

ここ最近のテレビ局でバラエティ番組を作るためには、アクションカムの存在がかかせません。

経費節減のためかタレントさんひとりでビデオカメラを持ち、スタッフは同行しないのも、もはや当たり前のご時世。

タレントさんが自分で頭のヘルメットにアクションカムを装着、バンジージャンプの自撮りをするのが、バラエティ番組の定番となって久しい今日この頃です。

そんな、今や世の中には、多分なくてはならないかもしれないような気がする「アクションカム」ではありますが、残念ながらこれまでのアクションカムは、まだまだ大きくて重かったり、撮影すると手ブレがブレブレで動画が見にくかったり、道具や身体に固定しづらくて撮影がしづらかったのが、今までの全人類の、アクションカム大好き人間たちの悩みの種でした。

またイマドキは、短い時間でインパクトある動画を作成して公開する「ショートムービー」が、SNSをはじめ、全世界で大流行していますが、これまでのアクションカムでソレを撮影するには、設備が仰仰しすぎてオーバースペックでオールライトでした。

おもしろデジタルガジェット全盛のこの時代、ショートムービーの撮影や編集や公開がしやすくって、とっても小さくって、手ぶれもしづらく、どこにでも取り付けて撮影しやすい、エコキュートなアクションカムは、果たして存在しないのでしょうか……。

ついに出た! ショートムービー時代の新騎手爆誕! 究極のアクションカムが現世に転生!

しかしこのたび、そんな悩める子羊(こひつじ)の願いを叶(かな)えてくれる、待望の企業がついに登場致しました!

その名も「Insta360」。

本誌読者ならご存じですよね! 同社の製品を何度か記事で紹介して、その都度大反響を巻き起こし、編集部もてんてこまいの舞の海でした。

そしてこのたび、ついに! 気分は動画クリエーター! 機材不要で撮影可能な超小型アクションカム「Insta360 GO 2」が満を持して発売されました。(Insta360.com公式ストアや全国の(一部店舗を除く)家電量販店と各社オンラインショップ、Amazonなど各取扱店舗で予約の受付けを開始!)

今回取り急ぎウルトラ緊急スーパー試用レポートをご報告いたします!

ええっ?なんと親指サイズ? 3つの独自性を持った、オドロキのアクションカムが新登場!

「Insta360 GO 2」は、3つの独自性を持った、気分は動画クリエーター! 機材不要で撮影可能な、親指サイズの超小型アクションカムです。

その3つの特徴は、ここだけの話、以下の通りです。

●超小型サイズ!

●超手ぶれ補正機能搭載!

●超どこにでもマウントがOK! らくらくハンズフリーの撮影が可能! 追加アクセサリー購入がほとんど不要!
(まったく不要、というワケではないけれど、かなりの部分、標準付属品で賄えるのでおトク!)

「Insta360 GO 2」はどんな人に最適?

「Insta360 GO 2」はここだけの話、

●趣味や日常を記録する人たち

●動画クリエーター

に最適です。

通常、自分の日々や日常をこまめに記録する人は、いわゆるその時撮影した動画を、みんなに「共有」をすることが、主な主目的であることが多いです。その場合、いわゆるムチャクチャ映像を作り込んだ、デラックスでハイラックスな動画である必要はありません。スマホでサササッと編集して、カンタンにアップロードができるような、短い尺の動画(いわゆる「ショートムービー」)で充分です。

「Insta360 GO 2」は、そんなユーザーにとって、正に最適解としか、見ざる聞かざる、もとい言わざるをえない機種です。

また、いわゆる「動画クリエーター」の人の要望にも充分応える、超優れた性能を持っています。

さまざまな独創的な場所やアングルを撮影する場合でも、重くて仰仰しいカメラや機材を使用することなく、その小型軽量さゆえに、いろいろな撮影スタイルを模索することが可能となるため、その結果、とても人生がシアワセになります。シアワセになれる度合いには個人差があります。

超小型軽量! なんと重量はたったの27g!

「Insta360 GO 2」の重量は、なんとオドロキのたった27g!

かさばる、かさばらないにもかかわらず、まったく余分な重さを感じずに着用ができるので、その結果! POV(Point of View。「視点」「観点」を指す略語)撮影が、とてもお手軽カンタンに行えます。

なにせあまりにも小さすぎるので、ポケットの中にもポン! と入れられます。

また、同梱のアクセサリーを使うことで、いろいろな場所にも、ポン! と好きな場所、好きなところにカメラを取り付けが可能です。

例えば、猫ちゃんや犬ちゃんに取り付けて、ペット目線での撮影や、お馴染みのバンジージャンプの撮影でさえも、「Insta360 GO 2」であれば、ポン! と実に容易に撮影可能です。

見た目のデザインも、ポン! とカッコイイので、まわりに不信感を与えずにポン! と撮影ができます。

ブレない映像! 驚異の手ぶれ補正機能搭載!

「Insta360 GO 2」はなんと桃の木の、驚異の手ぶれ補正機能「Flow State」と「水平補正アルゴリズム」を搭載しているので、その結果! まるで、ジンバル(もしくは、「スタビライザー」。または安定化装置)を利用しているかのごとく、手間なしブレなしヒマ無しの見やすい映像を、カメラ側の撮影機能だけで、かなりの程度のレベルまで撮影することが可能です。

↓↓ 以下の画像をご覧頂いた通り、ブレが極限まで抑えられていますよね! ……抑えられてますよね。静止画ですが……。

いろいろな場所にカメラを固定できる! 驚異のマウント機能!

「Insta360 GO 2」は、なんと山椒の木の、驚異のマウント機能を搭載しているので、その結果! 身につけたり、どこかに貼り付けたり、大切なところにぶら下げたりして撮影することが、容易に可能です。

ドライブの様子を撮影したり、壁や棚に固定してお料理動画を撮影したり、壁につけたり、帽子につけたり、尻につけたり……。超強力な磁石を内蔵しているので、磁石がつく場所であれば、容易に磁力で固定が可能です。そりゃそーだ。

また、サーフィンや、泳ぎに行きたり、海岸での日光浴をしたり……「Insta360 GO 2」は、実際のところ、水深4mの深さまでにも対応する防水仕様(IPX8等級)なので、水中でも安心して使用オッケー。

傷のつきにくい強化ガラス製レンズガードを装着すれば、レンズ部分をバッチリ守ることができます。また、レンズガードを外してNDフィルターを装着すれば、快晴時の撮影でも、バランスのとれた色とコントラストが美しい映像を撮影可能です。海で撮影したとは思えない、美しい映像が撮れてしまうのですね! ありがとうございます!

ようするに撮影できないことやモノ以外は、何でも撮影できます。その結果、家族みんながニッコリサワヤカに生きていくことができます。

とどのつまり、なにせ超小型軽量なので、取り付けも超カンタンなのです!

「Insta360 GO 2」は、近未来的なケースに入れたまま、そしてケースには三脚穴も空いているので、三脚に装着したままでも充電が可能です。

また、スマホとWi-Fiでカンタンに連携して、リアルタイムプレビューも可能! 充電ケースに入れた状態でBluetoothで接続すれば、10m離れた場所からも撮影可能なのデス。

なので、正に「Insta360 GO 2」は、アクションカムとしての資格なし! もとい死角なし!

様々な撮影機能を搭載!

「Insta360 GO 2」は、なんとブリキに狸に洗濯機の、様々な撮影機能を搭載しています。

手ぶれ補正動画(通常のカメラ内手ぶれ補正モードだけでなく、より高機能な「FlowState」機能も選択可能。)が撮影できるだけなく……。

スローモーション

最高120fpsでスローな動画を撮影できます。

タイムラプス

動画の被写体がチャカチャカ高速で動く、いわゆる「アレ」を、カメラ本体の機能で撮影可能です。編集ソフトなしでタイプラプス効果が撮影できるのは、とてもベンリ! この場合、基本、カメラは固定して撮影します。

ハイパーラプス

本体だけで、ダイナミックなスピードランプ効果をつけて、撮影することが可能です。ハイパーラプスとは、タイムラプス+カメラの位置が動く撮影手法です。

被写体がチャカチャカ動きながらカメラもグルッと移動して、ようするにカッコイイ映像が撮影可能な優れものです。

しかも超小型軽量なので、これなら取り付けも超カンタン!(……さっき言った?)

HDRモード

HDRモードは、ようするに鮮やかな映像が撮影可能です。(編集部「説明が雑!」)

写真

スチール写真も撮影できます。画素は900万画素。これだけ高精細であれば、もう充分ですね!

ほかにも……。

●最長クリップは15分、充電ケース利用で120分撮影可能!
●そして内蔵メモリは32GBの大容量!
●ようするにレンズキャップは強固!
●なのに防水!
●しかも水中撮影もバッチリ!
●つまりAI内蔵の「FlashCut」で動画内容を自動的に解析して、ステキな動画を作成してすぐに共有可能!
●だからPC用アプリの「Insta360 Studio」で、更に高機能なで映像を編集可能! もちろん自分のお好きな動画編集ソフトでも編集可能!

以下でアプリやドライバーをダウンロードしてください。色々イイ物揃ってます。

アプリ・ソフト・ドライバ ダウンロードサイト

……とまぁ、多機能てんももり、わんこそばです。

「Insta360 GO 2」の仕様は以下の通りです。

カメラサイズ:52.9mm×23.6mm×20.7mm
ケース(開いた状態):132.6mm×24.53mm×26.6mm
折りたたんだ状態:68.35mm×48.27mm×26.6mm
重量:カメラ27g /ケース65g
バッテリー容量:カメラ210mAh/ケース1100mAh
連続撮影時間:Standalone 30min /With Charger Case 120min
動画記録画素数:2560×1440@50fps、30fps、25fps(HDR)、24fpd(HDR)
1920×1080@120fpd、30fps(HDR)、25fps(HDR)、24fps(HDR)
写真記録画素数:900万画素
絞り値:f/2.2
35mm版換算焦点距離:11.24mm
ISO感度:オート、100-3200
ホワイトバランス:オート、2700K、 4000K、5000K、6500K、7500K
接続:BluetoothBLE 5.0 Wi-Fi 802 a/b/g/n/ac USB-C
標準セットで「充電ケース」「磁気ペンダント」「簡易クリップ」「ピボットスタンド」「レンズガード」が同梱

……とはいえ、こういったものは、実際に触ってみないと、とても正確なレビューなんて、とてもできっこないですよね。というか、はやく触りたくって、遊びたくって、モーたまんないっす。ハァハァ。

とゆーワケで、それではさっそく、気分は動画クリエーター! 機材不要で撮影可能な超小型アクションカム「Insta360 GO 2」を、いざ! 試用してみることと致しましょう!ヤッター!

超小型アクションカム「Insta360 GO 2」を試用してみました!

今回試用する「Insta360 GO 2」です。とてもしっかりした化粧箱に入っています。

そして、フタを開けると、本体がすぐ出てきました。しかも! マグネットで止まっています。もちろんカンタンに外せます。

この時点で、このカメラはマグネットがキモなんだ……ということを強烈にインスピレーションがモチベーションになるディスティネーションです。

ケース兼充電器も同梱(どうこん)されています。コチラもこの中に、カメラを内蔵可能です。

ケースをつけたまま撮影すると、実は撮影時間が劇的に延びます。また、ケースには、USB-C端子と三脚のネジ穴も空いているので、カメラを三脚に取り付けて、長時間同じ場所で撮影するような用途には特に最適です。

もちろんケースと本体は、磁石でパチッとくっつきます。ベンリですねえ。

本体の充電が終わったら、今度はスマホにアプリをインストールします。iOS、Andoroid用のアプリ、それぞれ用意されているので、Windowsモバイル派のおばあちゃんにも安心です。また、ケースの方単体でも、あらかじめある程度の本体の設定を行うことは可能です。

さ~て、アプリをインストールして、ペアリングを開始しますね!

スマホとカメラが繋がった~! やった~! ……仕組みとしては、まず最初にBluetoothで本体と繋(つな)ぎにいき、その後Wi-Fiに切り替えて繋(つな)ぎにいくので要注意です。こういう設定の仕方のカメラ多いですよね……。ようするにカメラとWi-Fiで繋がっている間は、スマホの方はインターネットには繋がらないワケです。

♪胸~ぇに、光~る、カーメラはInsta 360 Go 2~♬(字余り)

アプリの方にもリアルタイムで映像が表示されます。まるでリモートカメラみたい! 実際そういうこともできるんですが。

撮影した内容をアプリでチェック!

撮影した動画を組み合わせて、アプリの機能でカッコイイ動画をクリエイト!

余は満足じゃ!

気分は動画クリエーター! 機材不要で撮影可能な超小型アクションカム「Insta360 GO 2」。

この際、「Insta360 GO 2」を常に持ちあるいて、自分だけの「ココだけショット」をモノにしてください!

資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia等。
本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。御注意ください。
技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用においては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資にあたっては、御自身で御判断いただきますようお願い致します。
本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中! →https://amzn.to/2XxEJQS
2020年3月26日(木)J-WAVE 「STEP ONE」の「LIFE IN SMART」に生出演しました!

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。