人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本のトップIT人材や管理職の給与、アジア各国に大きく差をつけられる水準

2021.03.07

コロナ禍において給与が下がったケースも散見される一方で、需要が拡大したIT人材などにおいては人材不足を背景に前年比15%以上の最大報酬を提示している職務も。

今回、ヘイズアジア給与ガイド2021により「日本のトップIT人材や管理職の給与、アジア各国に大きく差をつけられている」ことが明らかになった。

アジア5ヶ国・地域における1018職務の給与水準と、9,660人の雇用実態

AIやIoT、ビッグデータなどのトップIT人材や管理職、経営層において、海外の企業は更に高額の報酬を支払っており、アジア各国に倍以上差をつけられているケースも。

図1:IT人材の年収比較(ヘイズでの成約実績ベースの最大値)

単位:百万円

△トップITの人材最大年収比較 (ヘイズアジア給与ガイド2021)

図2:部長級の年収比較(当社成約実績ベースの最大値)

単位:百万円

△部長級の最大年収比較(ヘイズアジア給与ガイド2021)

図3:経営幹部クラスの年収比較(当社成約実績ベースの最大値)

単位:百万円

△経営幹部クラスの最大年収比較(ヘイズアジア給与ガイド2021)

ヘイズでは、日本の競争力を維持するためにも同一労働同一賃金を初めとする雇用の制度改革を加速し、速やかに賃金を国際水準に見直すことを提言している。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。