人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界各国の経営者が考える今後10年で企業が取り組むべき社会課題は気候変動と偏見・不平等

2021.03.03

今、新型コロナウイルスの感染拡大により企業経営をとりまく不確実性がさらに増大している。

そこでデロイトは危機的状況からの回復力だけでなくコロナ後の「ベターノーマル」の道を切り開いていける組織を「レジリエンス」を備えた組織と捉え、その特性を探求することに主眼をおいた調査を実施した。

今後10年間で企業が取り組むべき最も重要な社会課題とは?

10年間で企業が取り組むべき社会課題では「気候変動」と「既存制度や規範に基づく偏見と不平等」

経営者の多くは、社会に甚大な影響を与えるディスラプションが今後も発生すると捉えている。

新型コロナウイルスの感染拡大に匹敵する規模のディスラプションが、近い将来に一定以上の頻度で発生することを予想する経営者は、世界・日本共に6-7割に上っている(参照:図表1)。

特に、気候変動に起因するディスラプションの可能性に注目が集まっており、世界および日本の7割以上の経営者が気候変動の影響の大きさは、コロナ危機と同程度、またはそれ以上と捉えている。

世界の経営者は、コロナ危機への対処で自社のディスラプションへの対応能力に自信を無くしてはおらず、「2020年中」において自社が「ディスラプションをもたらす出来事に対して迅速に順応/方向転換できた」と回答した経営者の割合は、「2020年以前」を振り返った自己評価と比べて2ポイント高い69%となった。その一方で、日本においては、同割合が、「2020年以前」に比べて「2020年中」で9ポイント低い50%にとどまった。

デロイトはレジリエンスのある組織は、順応性や協働といった性質と共に長期的かつ革新的なマインドセットや文化を有していると特徴付けている。そのうえで、不慮の事態に備えながら変革を行うために、長期と短期の異なる時間軸の経営を可能とする複眼的な視点を必要としている。しかし、短期的な優先事項と長期的な優先事項のバランスについて「上手く/非常にうまくとれている」と回答した経営者は、日本では44%となり、世界(54%)に比べて10ポイント低い結果となった。(参照:図表2)

 

 今後10年間で企業が取り組むべき最も重要な社会課題(参照:図表3)については、2020年の新型コロナウイルス感染症の影響拡大を受け、「医療と病気の予防」が世界、日本共に上位に。

日本と世界の経営者の回答の差異を見ると、「気候変動と環境の持続可能性」と「既存制度や規範に基づく偏見と不平等」の日本の経営者の関心が世界に比べ低く、世界ではほぼ半数の経営者が「気候変動と環境の持続可能性」を重視していることが分かった。

日本政府が2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)への政策目標を表明したのは本調査の実施後であり、現在は日本の経営者の関心も高まってきていることが予想される。

また、「既存制度や規範に基づく偏見と不平等」については、海外では女性権利運動(Me Tooなど)や人種差別撤廃運動(Black Lives Matterなど)といった社会運動が展開されたことからか、企業としても取り組むべき重要課題と世界の経営者は捉えてきているようだ。こういった世界潮流が日本社会に波及ならびに日本の経営者の関心事となるのか今後が注目される。

調査概要

調査はKS&R Inc.の協力の下、2020年7月から9月に実施され、アメリカ、アジア・太平洋、ヨーロッパ・アフリカの21カ国において大手企業経営者(CEO、社長、CFO等の上級役員クラス)と公的部門の上級職2,260名から回答を得た。

うち日本からの回答は149名。民間企業の回答者は全て、年間売上高5億米ドル以上の企業経営者であり、うち年間売上高50 億米ドル以上の企業が31%を占めた。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。