人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1時間あたり150食を生産!JR東日本スタートアップとコネクテッドロボティクスが開発した「駅そばロボット」がスゴい!!

2021.03.03

1時間あたりのそば生産量は150食!「駅そばロボット」海浜幕張駅で本格稼働

1本目のロボットアームが生そばを番重から取出しテボ(茹でザル)へ投入し、その後、2本目のロボットアームにより茹でる、洗う、締めるという一連の調理工程を行う。

JR東日本スタートアップとコネクテッドロボティクスは、JRフーズと協力し、大幅に進化をした「駅そばロボット」を、「そばいちペリエ海浜幕張店」に導入する。

昨年の「そばいちnonowa 東小金井店」における実証実験で得た知見を元に、改良を加えロボットアームを2本とすることにより、前回の3倍以上の生産能力を向上することができ、大幅に導入可能な店舗が増えた。

その中で、今回は「ペリエステーション」と称し、駅の魅力向上を行っている千葉ステーションビルと連携し、海浜幕張駅の新たな取り組みとして推進する。

ロボットアーム2本を活用した人と協働出来る調理ロボットの実店舗導入は、日本初であり、生そばの投入から茹でる、洗う、締めるという一連の調理行程を完全自動化することにより、店舗全体の約12時間分程度、従業員約1人分以上の作業量を代替することができ、かつ安定した美味しさを提供。

コロナ禍では、非接触のニーズの高まりもあり、ロボット調理の重要性は広がっている。今後も導入を推進し、JRフーズが運営する駅そば店舗へ2026年までに30店の導入を目指すという。

店舗概要

オープン日:2021年3月10日(水)
場所:そばいちペリエ海浜幕張店
内容:自動調理ロボットを活用した駅そばの提供

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。