人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ギャンブルが原因の自己破産手続き、9割以上の人が「してよかった」

2021.03.02

ギャンブルが原因でも自己破産はできるのか?

ギャンブルは、自己破産手続きで債務の免責が認められない要因である「免責不許可事由」にあたる(破産法252条1項)。しかし、ギャンブルによって借金してしまったからといって、必ずしも免責が認められないわけではない。

裁判官の判断によって、免責が妥当だと判断すれば破産者の免責が許可される「裁量免責」と呼ばれる制度があるためだ(破産法252条2項)。

実際には、ギャンブルによる浪費がよほどひどかったり、本人に反省の色が見えないなどの悪質なケース以外は、裁量免責が認められることが多い。

今回カケコムは、実際にギャンブルが原因で自己破産した方を対象に、自己破産手続きに関するアンケートを実施した。以下は、その調査概要だ。

 自己破産手続きにかかる期間について

自己破産手続きをする方は、今回が初めてという方がほとんどかと思う。自己破産手続きがどのようなもので、手続きにかかる期間や費用がどれくらいなのかもわからない方も多いだろう。

そこでまず、実際に自己破産手続きを行った方に、手続きにかかった期間について聞いた。その結果がこちらだ。

「3ヶ月未満」と回答した方は17名、「3ヶ月以上6ヶ月未満」は20名、「6ヶ月以上9ヶ月未満」は5名、「9ヶ月以上12ヶ月未満」は4名、「12ヶ月以上」は3名だった。

結果として、7割以上の方は「3ヶ月未満」または「3ヶ月以上6ヶ月未満」と回答しており、半年以内に自己破産手続きを完了させている方が多いようだ。

自己破産手続きにかかる費用について

次に、自己破産手続きにはどれくらいの費用がかかるものなのか。自己破産手続きにかかった費用について伺った結果がこちらだ。

「20万未満」と回答した方は12名、「20万以上40万未満」は27名、「40万以上60万未満」は6名、「60万以上80万未満」は0名、「80万以上」は4名だった。

この結果からは、半数以上の方が自己破産手続きに20~40万円かかっていることがわかった。また、かかった費用が「20万円未満」または「20万以上40万未満」と回答した方を合わせると、8割近くの方が40万円未満で自己破産手続きを行うことができている結果となった。

自己破産手続きをしてよかったか

次に、自己破産手続きを行った結果よかったと思うかどうか、アンケートにて伺ってみた。その結果がこちらだ。

「よかった」と回答した方は全体の95.9%、「どちらともいえない」は2%、「よくなかった」は2%。このことから、ギャンブルが原因で自己破産手続きを行った方の大多数が、自己破産してよかったと感じていることがわかる。

そこで次に、自己破産手続きの際、弁護士に相談したかどうか、アンケートに聞いた。その結果がこちら。

「弁護士に相談した」と回答した方は全体の85.7%、「弁護士に相談しなかった」は14.3%。また、上記にて「弁護士に相談した」と回答した方に対して、弁護士に相談してよかったか伺ったところ、結果はこちらのようになった。

「弁護士に相談してよかった」と回答した方は全体の97.6%、「弁護士に相談しなくてもよかった」は2.4%。このことから自己破産手続きについて弁護士相談した方のほとんどは、弁護士に相談してよかったと感じていることがわかる。

借金が膨らみ、ご自身の返済能力を超えてしまうと、生活はどんどん苦しくなっていく一方だ。そのような方は、自己破産手続きを含め、債務整理することを検討してみることをおすすめする。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。