人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

720Sスパイダー、ウルス、ウラカンEVOスパイダー、ドーン、一度は乗ってみたいラグジュアリーカーの魅力

2021.02.27

@DIME記事の中から憧れのクルマを動画付きで紹介した記事4本を厳選して紹介。

【動画付き】とにかく運転しやすいスーパースポーツ、マクラーレン「720S スパイダー」

1960年代、ニュージーランド出身のブルース・マクラーレンは、ヨーロッパのフォーミュラレースからアメリカのスポーツカーレースまで世界を股にかけて席巻した。彼はドライバーとしてだけでなく、レーシングカーの開発にも長けており、自身の名前の冠したマシンでも活躍した。現役を引退した後もマシン開発を続け、F1チームではホンダエンジンで世界チャンピオンにも輝いた。伝説のドライバー、アイルトン・セナもマクラーレンで有名になった1人だ。

【参考】https://dime.jp/genre/1079263/

【動画付き】加速も最高速もSUVトップクラスのランボルギーニ「ウルス」

フェラーリのヘビーユーザーだったヌッチオ・ランボルギーニが、エンツォ・フェラーリに面会を申し込んだが、断られたことに立腹しフェラーリを凌ぐスポーツカーを造ってやる、という都市伝説化したエピソードは有名。創業は1963年だが「ミウラ」「カウンタック」など、次々と話題のスポーツカーを開発し、フェラーリの牙城に迫った。

【参考】https://dime.jp/genre/1079241/

【動画付き】街乗りにも使えるランボルギーニのスーパースポーツ「ウラカンEVOスパイダー」

ランボルギーニのスーパースポーツ「ウラカン」。ベースになった「LP610-4」は、2014年に「ガヤルド」に代わって登場した。シャーシコンポーネンツは、親会社であるアウディ「R8」を流用している。デビュー当時はクーペだけだったが、翌年にルーフが脱着できる「スパイダー」を追加。以来、このシリーズはクーペとスパイダーが販売されている。2017年に動力性能をアップさせた「ペルフォマンテ」が登場。クーペに続いて「スパイダー」が加わった。

【参考】https://dime.jp/genre/1079217/

【動画付き】世界で最もハイエンドなオープン4シーター、ロールス・ロイス「ドーン」の意外な素顔

スーパーリッチ市場の特徴のひとつにクーペベースの4人乗りのオープンカーを用意していることが挙げられる。その4人乗りも後席のスペースがきちんと確保されていることが条件だ。現在、これを満たしているのは、ロールス・ロイスだけ。ベントレーも「コンチネンタルGT」でコンバーチブルをラインアップに加えているが、フル4シーターにはちょっと後席が狭い。マセラティ、ランボ、メルセデス・マイバッハも、キャデラック、リンカーンも4シーターのオープンモデルは生産していない。

【参考】https://dime.jp/genre/1075323/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。