人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

資産運用、応援消費、クラウドファンディング、コロナ禍でお金に対する価値観はどう変化した?

2021.02.27

9,998人に聞いた!コロナ影響で変化したマネー意識とは?

ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女9,998人を対象に、コロナ影響で変化したマネー意識をアンケートにて調査を実施したところ、「コロナ影響で約6割がマネー不安に、使途も変化」していることが判明した。

まず、新型コロナウイルス感染拡大を受けて起きたマネー意識の変化を聴取した。気持ちの面では約6割がお金のことを心配していると回答。また節約・倹約意識も高まり、お金の使い方を見直すようになった人も多く見られた。

コロナ影響でサービス利用意識も変化していた。半数以上が非接触型決済を積極的に取り入れるようになったと回答し、電子マネーの利用が進んだことが伺える。またコロナ影響を受けた業種への応援消費や、自らの資産運用に興味を持った人も少なからず存在していた。


コロナ契機で高まった“応援消費”関連サービス接触ユーザー数

ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用し、クラウドファンディング、産直ネット通販の利用ユーザー数推移を分析した。

両カテゴリともに緊急事態宣言後にユーザー数が伸び、クラウドファンディングが宣言解除後にも高止まり。苦しくなった業種への応援消費が高まっている様が見て取れる。

感染拡大のたびに高まる資産運用への関心

次に、コロナで資産運用に関心を持った方の関心時期、接触サイトランキングを「Dockpit」で調査した。関心時期では、コロナ感染拡第一波・第二波と時期を同じくして金融系サイトへの接触が増加していた。

また接触サイトでは2月以降ネット系証券サービスや金融系メディアが上位にランクイン。自宅で手続きがおこなえるネット証券に利用が進み、金融系メディアで経済状況の推移をウォッチしていたようだ。

調査・分析概要

全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2020年12月1日~12月8日に、スマートフォンによるアンケート調査を実施(回答者9,998人)。性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計をおこなっている。Webサイトのユーザー数はPC・スマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。