小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で増えた弁護士の受任分野TOP3、3位借金、2位労働、1位は?

2021.02.28

リモートワーク、オンライン診療、オンライン授業、オンライン面接など、これまで対面式だったものが次々とオンライン化されている。こうした中、司法の分野でもWeb会議システムが導入・活用され、「オンライン法律相談」が行われるようになったという。

この「オンライン法律相談」をはじめとした、「2020年における新型コロナウイルス感染症による法律相談動向」に関する意識調査がこのほど、弁護士ドットコムにより、弁護士498名を対象として実施された。

法律相談 弁護士の6割が「Web会議システムが増加」

「相談者や依頼者との打ち合わせで、例年に比べて利用が増加した手段」について、複数選択可能な方式で聞いたところ、「Web会議システム(Zoom、Google Meet、Microsoft Teams、Skypeなど)」が57.6%と、6割近くの弁護士が「増加した」と回答している。

以降、「電話」(40.6%)、「メール」(29.3%)と続く。新型コロナウイルス感染症の予防対策として、遠隔コミュニケーションが活発化していることがわかる。

オンライン相談 5割の弁護士が「不便感じない」「便利さが優位」

「オンラインによる相談受付の社会的な拡大について、どう感じるか」聞いたところ、「不便さは一定あるが、便利さの方が優位」が34.5%と最も多く、「不便さはほとんど、まったく感じず、便利」の14.7%を合わせると、約半数の49.2%が「オンラインによる相談受付は便利」だと感じていることが明らかになった。

一方、「オンラインによる相談受付は不便」だと感じている弁護士は、2割程度に留まった。

オンライン相談 半数以上の弁護士が「体制を構築」

「対面でない、オンラインによる相談受付体制の構築状況」を聞いたところ、「すでに体制を構築した」が41.2%と最多だった。「現在、体制を構築している途中、もしくは構築を始めた」(14.7%)と合わせた55.9%が、オンライン相談の体制構築に取り組んでいる、という結果になった。

「交通事故」の問い合わせが減少

「例年と比べて、問い合わせ件数の増減はあったか」聞いたところ、約7割の弁護士が「減少」と回答した。その中でも、「75%以上〜100%未満」(41.8%)の回答が最も多く見られた。一方で、約3割の弁護士が「増加」と回答しており、中には、「150%以上」(2.2%)と回答した弁護士もいた。

分野ごとの増減について、複数選択可能な方式で聞いたところ、「増減があった分野はなし」という回答が最多で、それを除くと、「離婚・男女問題」「労働」「借金」が増加傾向で、「交通事故」が減少傾向といった結果になった。

コロナ禍を契機としたデジタル化は様々な業界で急速に進みつつあるが、今回の調査を通じて、弁護士の間でも、オンライン法律相談などのデジタル化の流れが進んでいることが浮き彫りになった。

非対面での法律相談自体は、感染予防という側面だけでなく、弁護士へのアクセスを容易にするという側面もあり、コロナ禍が落ち着いた後も、継続的に拡大していくかどうかが注視される。

<調査概要>
調査方法:弁護士ドットコム登録弁護士にメールで実施
調査対象:弁護士 498名
調査期間:2021年1月22日

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合がある。

出典元:弁護士ドットコム株式会社
https://corporate.bengo4.com

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。