人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題の音声SNS「Clubhouse」、認知度は高いが利用意向が低いのはなぜ?

2021.03.01

情報共有、あるいは情報発信ツールとして、現代人にとってSNSは欠かせない。最近では、米国発の招待制音声SNS「Clubhouse」が、Twitter、Instagramなどとはまったく別種のコミュニケーションのカタチを提供し、話題を呼んでいる。

そんなSNSの利用意向に関する意識調査がこのほど、株式会社クロス・マーケティングにより、全国20歳~69歳の男女を対象にして実施された。

はじめに、利用したいSNSの種類を聴取したところ、TwitterやFacebookなど文字ベースのものがトップに。男女別にみると、Instagramなど画像ベースのSNSは特に女性からの支持が厚い。<図1>

コロナ禍における、SNSの使い方の変化としては、「SNSに接する時間が増えた」がトップ。特に20代女性の6割以上は、SNS時間が増えたと回答した。次に、「SNSでフォローする人数が増えた」「SNSへ投稿する回数が増えた」と続く。<図2>

次に、新興SNSのClubhouseについて聴取したところ、認知度が37%、利用意向が5%となった。その他先行のSNS(Twitter・Facebook・Instagram・TikTok)の認知度は9割前後と、認知に開きがあり、利用意向は5%。年代別にみると、20代は認知度が47%、利用意向が14%と他年代に比べて高い傾向となっていた。<図3・4>

日本ではまだ広がり始めたばかりのサービスのため、今後どのような使われ方をするかによって、認知や利用意向は変動していくものと推察される。

<調査概要>
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域:全国47都道府県
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:2021年2月5日(金)
有効回答数:本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある。

出典元:株式会社クロス・マーケティング

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。