人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高圧水流でしっかり除菌もできるパナソニックのビルトイン食器洗い乾燥機「9シリーズ」

2021.02.26

パナソニック ライフソリューションズ社は、全コースの洗浄工程で除菌ができる「ストリーム除菌洗浄」を搭載したビルトイン食器洗い乾燥機の新シリーズ「9シリーズ」合計13品番を4月15日に発売する。

価格はハイエンドモデル「K9シリーズ」(3品番)が217,800~295,900円(税込・工事費別)、ハイグレードモデル「M9シリーズ」(4品番)が195,800~224,400円(税込・工事費別)、ハイスタンダードモデル「V9シリーズ」(2品番)が173,800~202,400円(税込・工事費別)、ベーシックモデル「R9シリーズ」(4品番)が148,500~192,500円(税込・工事費別)。

同社調査では、新しい生活様式への変化に伴い、在宅時間が増加し「食器洗いを負担に感じる」という意見や、清潔志向が強まったことで「洗浄だけでなく除菌もしたい」という意識が高まっているとのこと。今回登場する「9シリーズ」は、このニーズに応えた製品だ。

なんといっても特徴は、手洗いでは難しい50度以上の高い水温と高圧水流で食器類を洗い上げ、全コースの洗浄工程で除菌が可能な「ストリーム除菌洗浄」をすべてのシリーズに搭載しているところ。洗い・すすぎ工程における除菌試験の結果は99%以上とのことで、いつでも手洗い以上の安心感を得ることができるのだ。

また、K9/M9シリーズのディープタイプには、シリコンカップなどの軽い小物類をまとめて洗うことができる「ちょこっとホルダー」を搭載。小皿や調味料皿などの小さな食器をセットすることも可能で、洗える食器の数は従来の44点から48点に増加したうえ、「ちょこっとホルダー」を使用しない時は取り外すことで、庫内を広く使うことも可能だ。

そのほか、施工現場の「位置調整に手間がかかる」などの意見を反映し、本体を設置したままでの位置調整が可能になる「イージーアジャスト機構」を新たに開発。これにより、本体を設置後でも金具のネジ2か所を回すだけで、上方向 0~+3mm、前後方向±3mm調整が容易にできるようになり、施工性が向上した。なお、「イージーアジャスト機構」はミドルタイプのみ搭載する。

関連情報
https://sumai.panasonic.jp/dishwasher/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。