人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3人に1人が奥さんにナイショの収支あり!既婚男性に聞いた家計管理の実態

2021.02.24

3人に1人が「家族に内緒の収支あり」

毎日財布の中の小銭をびんの中に集めており、貯まったものを週一で妻が銀行で通帳に入れてます。他の家庭では毎日小銭を提出するルールは聞かないので、うちだけなのかと思っています。(40代/正社員/子あり共働き)

こんな涙ぐましい努力も。

家計管理は家庭によってさまざまだ。世の主婦たちの家計に関する愚痴や不満の声をよく耳にするが、男性たちも家計管理に関する思いが多々あるだろう。

そこで「まねーぶ」は、全国20代~60代の既婚男性300人に家計に関する意識調査を実施。家計管理方法、自由に使えるお金の使い道、家族に内緒にしている収支の有無、家計管理に関するエピソードやルールを明らかにした。

調査1:家計管理担当は誰?

家計管理担当は「妻」が38.0%、既婚男性の5人に1人が現在の家計管理に不満

全国20代~60代の既婚男性300人に家計に関する意識調査をしたところ、家計管理の担当については「妻が管理して夫に必要分を支給」と回答した人が38.0%と最も多く、「夫が管理して妻に必要分を支給」が24.7%、「夫婦別々で管理している」が20.7%と続いた。「2人で管理している」との回答の16.7%も含めて、分散される結果となっている。

現在の家計管理に満足しているかについては、8割以上の人が「満足している」と回答した一方で、約5人に1人が「満足していない」と回答し、不満を抱えていることが分かった。

「満足していない」と回答した人の多くは、夫が自由に使えるお金が少ないことや、夫の負担が大きいことが理由としてあげられた。

調査2:自由に使えるお金とその使い道

夫が自由に使えるお金は「10,000円~30,000円未満」が最も多い、190人が「妥当である」と回答、使い道は「趣味」が最も多く「昼食」、「嗜好品」と続く

夫が月に自由に使えるお金については、「10,000円~30,000円未満」と回答した人が45.3%と最も多く、以降の「30,000円~50,000円未満」22.0%、「10,000円未満」21.7%と2倍以上の差をつける結果となった。

月に使えるお金が多いか少ないかについては、「妥当である」と回答した人が190人と突出する結果となったが、「少ないと感じている」と回答した人も94人いることが判明。使い道については、「趣味」が178人と最も多く、次いで「昼食」が161人、「嗜好品」が143人という結果だった。

調査3:家族にナイショの〇〇

3人に1人が家族に内緒の収支あり、内緒の収支の内容は「ポイントサイト、アンケートサイトによる収入」が1位

家族に内緒にしている収支があるかについては、67.0%の人が「ない」と回答するものの、3人に1人が家族に内緒の収支が「ある」と回答した。

家族に内緒にしている収支が「ある」と回答した人に収支内容について聞いたところ、1位が「ポイントサイト、アンケートサイトによる収入」46人、2位が「副業による収入(アルバイト)」40人、3位が「資産運用による収入(金融、不動産など)」18人という結果だった。

内緒にしている理由については、「緊急な出費など何かあったとき用に備えておきたい」といった声や、「知られたら取られてしまうから」、「単純に知られるのは気に食わない」といった意見も多くみられた。

調査4:家計管理にまつわる喧嘩エピソード

既婚男性の26.3%が家計管理に関して家族と喧嘩経験「あり」と回答

家計管理に関して家族と喧嘩になったことがあるかについては、26.3%の人が「ある」と回答した。

どのようなことで喧嘩になったのか、その時のエピソードを聞いてみた。

お金が足りなくなったときに、借りようと提案すると「信用できない」と言われ喧嘩になった。こちらとしては、相手の倍を生活費として拠出しているのに、何故そんなことを言われなければいけないのか疑問だった。(30代/正社員/子あり共働き)

お金の使い方や節約できてないことで口論になった。必要なことにしか使っていないと言われ、お互いに必要の定義が違うため、折り合いが付いていない。(30代/正社員/子あり専業主婦)

車の買い換えの際にローンや車検代金は私が払うのに、結局使用するのは妻になると頭にきてしまい、喧嘩になりました。私の乗る車は、中古の軽自動車です。(50代/正社員/子あり共働き)

調査5:これって我が家だけ?家計管理のルール

既婚男性が「これって我が家だけ?」と考える家計管理ルールを紹介しよう。

家計管理といっても、手書きの家計簿やスマホアプリなど、種類・方法はさまざま。既婚男性が「これって我が家だけ?」と考える家計管理のルールについて聞いてみた。

紙やWebの家計簿ではなく、通帳で家計の管理をしている。支出の科目別に通帳を作成している。各口座にはある程度お金が入っている。お金を使用する時は、メインの口座から引き出して使い、後で該当科目の口座から引き出し、メイン口座へ補充する。(40代/正社員/子あり共働き)

 

同じくらいの収入であるにもかかわらず、夫が生活費として拠出している金額が妻の2倍なのは、我が家だけなのか気になります。妻は貯金が貯まって旅行に行く余裕がありますが、私はいつもギリギリなので行けません。妻からすると男性が女性の倍負担するのは当然とのことです。(30代/正社員/子あり共働き)

銀行の破産リスクを考えて、貯金を5つの異なる銀行に分けて預けるようにしている。妻の方針で、理由は分からなくもないが、どこの銀行に何円預けられているのか夫である自分が把握しきれないぐらい複雑で、正直良いルールだとは思っていません。(30代/正社員/子あり専業主婦)

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年11月26日~2020年12月1日
調査対象:全国20代~60代既婚男性300人

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。