人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

消費者の性格別に分析!キャラクターマーケティングを成功させる秘訣

2021.02.25

アニメ、漫画、映画をはじめ、いまや企業や政府発のキャラクターが多数メディアミックスして展開されている。それではキャラクターマーケティングを行なう際、そのターゲットはどういう層を設定し、どのような媒体でプロモーションすれば良いのか?

今回アスマークは、心理学の“ビッグ・ファイブ理論”を元に、消費者の性格別でキャラクターを好きになったきっかけを調べた。

調査で探る性格別でのキャラクターマーケティング

Q.あなたには好きなキャラクターがいますか。(1つ選択)

好きなキャラクターがいる人と好きなキャラクターがいない人で、回答が半分に分かれる結果に。年代が下がるほど、好きなキャラクターがいる傾向が強い。

キャラクターを好きな程度 【性年代別】

Q.普段の生活における好きなキャラクターへの気持ちとして、あてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

20~30代の約1割が、キャラクターが生活の中心になっている。その傾向は、男性に顕著にみられる。

キャラクターを好きな程度 【性格別】

Q.普段の生活における好きなキャラクターへの気持ちとして、あてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

「外交的」「大胆」「楽観的」「関心が強い」性格の人が、キャラクターが生活の一部になっている傾向。※”生活の中心”については、回答者数が少ないため取り上げていない。

キャラクターに費やす金額 【性年代別】

Q.1年間で、あなたが好きなキャラクターに費やす平均金額をお知らせください。(1つ選択)

全体では、5,000円未満の出費が約半数で、10,000円以上の出費は約1割。10,000円未満の出費は、男性より女性の方が多く、10,000円以上の出費になると、逆転し、男性の方が多くなる。

「お金は全く費やさない」人は男性の方が約10pt高いため、女性の方がキャラクターへ投資しやすいと思われる。※最も差が表れた性別グラフのみ抜粋。

キャラクターに費やす金額 【性格別】

Q.1年間で、あなたが好きなキャラクターに費やす平均金額をお知らせください。(1つ選択)

「外交的」「大胆」な性格の人が、10,000円以上キャラクターにお金を費やす傾向が高い。とはいえ、「内向的」「慎重」な性格の人の方が絶対数が多いため、市場へ落とす金額シェア自体は後者の方が高いと推察される。

キャラクターに求めるもの

Q.あなたがそのキャラクターに求めるものとして、最もあてはまるものをひとつお知らせください。(1つ選択)

半数以上が「癒し」を求めるものの、男女差で傾向が異なる。男性は「癒し」以外にも、年代を問わず「変身・非日常」「思い出」を求める傾向が強い。

調査結果から、20~30代、特に男性で、「外交的」「大胆」「楽観的」「関心が強い」性格の人。ターゲットにとって、「癒し」とともに、「変身・非日常」「思い出」を投影できるキャラクター。キャラクターへの出費は男性の方が高額だが、女性の方が投資しやすい、ことがキャラクターマーケティングを成功させやすい要素だと推察。

また、「外交的」な性格の人は発信力があり、「関心が強い」人は、情報のキャッチも早いことが推察されるため、20~30代のユーザーが多いTwitterやインスタグラム等のSNSとの相性も期待できる。

一方、男性寄りのマーケティングとなるため、女性向けにする場合は、「癒し」の要素を強くした方が効果的だと思われる。

金額的に気軽に購入できるグッズは女性向け、高額なものや収集を前提としたグッズは男性向けをイメージした方が良いだろう。

調査概要

調査名:調査で探る性格別でのキャラクターマーケティング
調査対象者:20~50代男女/好きなキャラクターがいる人
有効回答数:800サンプル
割付   :性年代均等
調査期間 :2021年1月28日(金)~2月1日(月)
調査方法 :Webアンケート
調査機関 :アスマーク

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。