人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トップは3571億円!国内スタートアップの想定時価総額ランキングTOP20

2021.02.24

激動の時代に躍進を遂げ、もっとも高い時価総額を誇るスタートアップ企業はどこなのだろうか?

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスでは、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、同社サービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」に調査結果を公開している。今回は、2021年2月2日時点での国内スタートアップ想定時価総額ランキングを発表した。

2021年2月の想定時価総額ランキングでは、ispaceが想定時価総額を55億円伸ばし、先月の19位から16位に浮上。また、アストロスケールホールディングスの想定時価総額も第三者割当増資により、685億円から697億円へと増加している。

ispaceは、2020年12月にシリーズBの追加ラウンドとして、SMBC日興証券を引受先とした第三者割当増資により5億円の資金調達を実施。累計調達金額は約140億5,000万円となる。この調達を受けて、2023年に実施予定のMission2で使用するランダーの先行開発投資、更には2024年以降のランダーのサイズアップを見据えた先行開発投資を着実に実行する予定。

アストロスケールホールディングスは、2020年10月に、エースタート、アイネット、清水建設、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーからの第三者割当増資により、シリーズE総額で約55億円の調達を実施し、累計総額で約210億円の資金調達となった。

今後は重要な社会インフラとして宇宙からのサービスやデータを安心して活用できるよう、デブリの低減・除去、軌道上サービスのミッション実現に向け、スペースデブリという世界でも最も複雑な社会課題に対して、技術、ビジネスモデル、法規制に取り組んでいく方針だ。

<調査概要>
タイトル:「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」
調査期間:2021年2月2日時点

出典元:フォースタートアップス株式会社
https://forstartups.com/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。