人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

安くなったのにスペックは大幅アップ!?最強コスパの呼び声の高い最新スマホ「Galaxy S21 5G」の実力検証

2021.02.25

2021年1月にグローバル発表された「Galaxy S21 5G」シリーズ。世界中に多くファンがいる人気シリーズの最新モデルですから、注目している人も多いかと思います。

執筆時点(2021年2月初旬)では日本での正式販売は公表されていませんが、例年キャリアモデルとして発売されていることを踏まえれば、今年も日本で展開されると予想できますね。

今回は、グローバル版の「Galaxy S21 5G」をお借りできたので、レビューをお届けしていきます。なお、まだ技適未取得の端末なので、総務省の「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」に届け出を出したうえでのテストとなります。

Galaxy S21 5Gは200ドル値下げ! 性能は?

早速Galaxy S21 5Gを実際に使って分かった使用感や操作性について紹介していきましょう。

先に紹介した通り、Galaxy S21 5Gシリーズはまだ日本での発売が発表されていません。そのため販売価格は不明なのですが、米国での販売価格は799ドル(2021年2月2日時点レートで8万3827円)と、昨年の「Galaxy S20 5G」から200ドルも値引きされています。

随所に値下げのための仕様変更があるはずなのですが、それを感じさせないハイスペックに仕上げられた端末です。

独特なカメラ周りのデザインとフラットディスプレイ

Galaxy S21 5Gを目にしたときにまず印象的なのがカメラ周りのデザイン。近年のハイエンドスマートフォンは高性能なカメラを搭載するあまり、レンズが出っ張ってしまっているモデルも多く、一部不満の声も聞きました。

Galaxy S21 5Gシリーズではカメラユニットを側面のラインと一体化させることで、“出っ張っているのもデザイン”と見て取れる斬新な形状をしています。独特なデザインであるのはもちろん、レンズに傷がつく心配も少なくなるでしょう。

ディスプレイは約6.2インチで、握りやすい筐体になっています。「Galaxyといえばエッジ」ともいえるほど、ディスプレイ側面が湾曲したデザインのモデルが印象深いですが、本モデルでは「フラットディスプレイ」が採用されています。

ちなみにサイズの大きい「Galaxy S21+ 5G」でもフラットディスプレイを採用。「Galaxy S21 Ultra 5G」ではこれまで通りエッジディスプレイが採用されています。

左がGalaxy S21 5G、右はGalaxy S21 Ultra 5G

“エッジがいいかフラットがいいか”は好き嫌いの範疇ですが、フラットディスプレイは誤作動を起こしにくく扱いやすいのが特徴。動画視聴時も端の部分が切れることなく表示できるので、「フラットディスプレイもいいな」というのが筆者の感想です。

カラーバリエーションは「ファントムバイオレット」「ファントムグレー」「ファントムブラック」「ファントムピンク」の4色。すべてが日本で発売されるかはわかりませんが、カバーを付けなくても楽しめるデザインになっています。

カメラは画素数じゃなく“AI力”の時代へ

背面カメラは12MP超広角/12MP広角/64MP望遠の3眼構成。実はカメラの画素数としては前モデルのGalaxy S20 5Gから変化がありません。

カメラ性能として主に進化したのはソフトウエアの部分。例えばワンタップで複数パターンの動画が撮影できる「シングルテイク」機能では、従来よりも5倍速いAI処理が可能になっています。

様々な撮影モードにも対応

動画撮影時の手振れ補正も優秀な印象で、動き回る被写体に合わせてスマートフォンを動かしても、ぶれることなく被写体にピントを合わせ続けられました。

下図はすべてGalaxy S21 5Gで撮影した写真になります。

夜景モードでの撮影

5G対応最新チップセット搭載で動きは超なめらか!

チップセットには自社開発の「Exynos2100」、「Snapdragon 888」のどちらかが地域によって採用されます。日本で発売のGalaxy S21 5GシリーズにはSnapdragonシリーズが搭載されてきたので、今回も「Snapdragon 888」が搭載されることでしょう。

気になる動きは、さすがGalaxy Sシリーズの最新モデルといったところ。アプリの起動やスクロールで躓くことは一切なく、快適に操作できます。

FPSといった負荷の大きいゲームもプレイしてみましたが、快適そのものです。ミドルレンジスマートフォンではカクついてしまう場合もあるゲームですが、起動からプレイ中もストレスに感じることは全くありませんでした。

処理性能はもちろんですが、ディスプレイは48~120Hzのリフレッシュレートに対応。コンテンツに応じて画面の性能を調整できるのもポイントです。

内蔵メモリは8GB、ストレージは128GBと256GBモデルがあります。実はメモリの容量は前モデルの12GBから縮小しているのですが、処理性能の向上などで、ハイエンドモデルとしての動作性に問題はありません。

驚くほど長持ちするバッテリー

Galaxy S21 5Gのバッテリー容量は4000mAh。サイズを考えると標準的な容量ではありますが、これがかなり長持ちします。ゲームやSNSといった通常の使い方を1日してみましたが、残量は70%以上あります。

考えられる要因の1つとして、チップセットとして採用されているSnapdragon 888が「5ナノメートルプロセス」を採用している点。数字が小さいほど電力効率が良く、省電力に優れるといわれていますが、ここまで電池持ちが良いとは驚きです。

万人におすすめできる隙のないハイエンドスマートフォン

Galaxy S21 5Gは独創的なデザイン性に高いカメラ性能、最先端のチップセットを搭載した処理能力や省電力性能など、スマートフォンとしては隙のない仕上がりのハイエンドモデル。

フラットディスプレイや特徴的なカラーリングなどこれまでのGalaxy Sシリーズと比べると異なる趣ですが、より使い勝手を向上させ、前モデルより200ドル安いとは驚き。日本での正式リリーズが楽しみな端末です。

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。