人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍でハードルが上昇?20代の半数以上が「結婚しようと思える世帯年収額は600万円」

2021.02.21

「コロナ禍前より収入が減った」29.5%

コロナ禍の影響で収入が下がる人が増加する中、SMBCコンシューマーファイナンスが20歳~29歳の男女(633名)に、コロナ禍前と比較して残業時間が増えたか、減ったかを聞いた。

その結果、「非常に増えた」は5.5%、「やや増えた」は12.8%で、合計した『増えた(計)』は18.3%、「非常に減った」は10.6%、「やや減った」は10.1%で、合計した『減った(計)』は20.7%となった。

また、収入・支出や生活時間のコロナ禍前との変化を聞いたところ、<収入>では『減った(計)』は29.5%だった。

生活時間についてみると、<家事時間>では『増えた(計)』は37.9%、<家族と過ごす時間>では『増えた(計)』は41.6%。男女別にみると、『増えた(計)』と回答した人の割合は、<家事時間>では男性34.7%、女性41.6%、<家族と過ごす時間>では男性35.8%、女性48.1%となった。

<仕事後の消費>では『減った(計)』は28.7%。感染予防のため、仕事後は寄り道をせずに真っ直ぐ帰宅するようになったという人が増えたようだ。

20代の半数以上が結婚しようと思えるのは「年収600万円」

また、全回答者(1,000名)に、結婚しようと思える世帯年収額を聞いたところ、年収400万円でしようと思える割合(「年収400万円あれば」までの合計)は33.9%、年収500万円でしようと思える割合(「年収500万円あれば」までの合計)は47.9%、年収600万円でしようと思える割合(「年収600万円あれば」までの合計)は57.5%となった。20代の半数以上が結婚をイメージできるのは年収600万円のようだ。

前回の調査結果と比較すると、半数以上が結婚しようと思えるのは前回調査では年収500万円(56.0%)だったのに対し、今回調査では年収600万円(57.5%)となっており、コロナ禍前より結婚へのハードルが上昇した。また、「年収がどんなに多くても、したいと思えない」と回答した人の割合は、前回調査13.9%→今回調査21.8%と、7.9ポイントの上昇となった。

20代の半数以上が自家用車を購入しようと思えるのは「年収600万円」

自家用車や住宅の購入についてはいくらくらいの年収をイメージしている人が多いのか。自家用車を購入しようと思える世帯年収額を聞いたところ、年収500万円でしようと思える割合は45.6%、年収600万円でしようと思える割合は53.7%と、半数以上が自家用車の購入をイメージできるのは年収600万円であることがわかった。

前回の調査結果と比較すると、半数以上が自家用車を購入しようと思えるのは前回調査では年収500万円(55.6%)だったのに対し、今回調査では年収600万円(53.7%)と、こちらもハードルが上がった。

また、住宅を購入しようと思える世帯年収額を聞いたところ、20代の半数以上がイメージできるのは、前回調査では年収700万円(51.5%)だったのに対し、今回調査では年収900万円(52.4%)と、ハードルが大幅に上がる結果となった。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。