人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノマドワークに最適なアイテム発見!iPadが一体型パソコンに変身するスタンド「MOFT Float」と集中空間パーテーション「SEREN desk」

2021.02.24

iPadを一体型パソコンにして使えるガジェットと個室が欲し~い!

高性能・高品質なノートパソコンやタブレットが、一般の市場に出回るようになって久しい今日この頃。

お出かけ先でお手軽カンタンに仕事できる環境になったとしても、まだまだ大きな課題として栄光の勇者の前に立ちはだかっている、大きな小問題がありました。

いったい何でしょう?

それは、快適なノマドワーキングをするためにノマドワーカーなら持っていない人以外は全員持っている「iPad」を、パソコンのように使える超ベンリなスタンドが、なかなか見当たらないことです。

最近田町(たまち)で、もとい巷(ちまた)で流行(はや)っているのが、いわゆるひとつのタブレット用スタンドなのですが、一般的なタブレットPCスタンドはおおむね、ノートPCと別々に持ち歩かざるを得ず、結構かさばりますし、持っていくのを忘れることがしばしばあります。

これは、結構由々(ゆゆ)しき問題です。

ついに出た! iPadが新次元のPCに超変化(ちょうへんげ)

そもそもiPadは、本体を立てて置ける「スタンド機能」が標準では存在しません。

また、外付けのスタンドを購入したとしても、高さや角度を任意に自由に変えられるタイプは結構かさばります。

せっかく持ち歩きやすいiPadを持ち歩いたとしても、結局持ち歩きにくく、タブレットスタンドも一緒に持ち歩いたとしたら、その結果、持ち歩きにくくなるのは自明の理であり、社会の定説です。

しかしこのたび、そんな悩める少女の願いを叶(かな)えてくれる、待望の企業が登場致しました。それが何を隠そう、実際隠さないけど「MOFT(モフト)社」です。

「MOFT」といえば、スマホやタブレットの背面に貼り付けて、一体型としてスタンドになる大ヒット商品、「MOFT X」が有名です。よく、一部のYouTuberが、動画内で使用しているのを見ることができます。正直言って結構ベンリなので、ここだけの話、筆者も使っています。

Makuake/多機能でスリム! 世界最薄クラスのスマホ&タブレットスタンド「MOFT X」

実は本誌でも、スタンディングデスクの「MOFT Z」を、記事でご紹介したことがあります。とても大反響の記事でした。

DIME/ノートPCデスクが超進化! 極薄なのに4段階に変化するスタンディングデスク「MOFT Z」

そんなユカイな「MOFT」社からこのたび、これまでの不満をほとんど解消してくれる、ノマドに最適! iPadが一体型パソコンになるスタンドの新商品が、今や本誌ではおなじみの、応援購入サービス「Makuake」に、ついに登場してしまいました。

ど~もスミマセン。(編集部「なんで謝る?」)

そこでこのたび、取り急ぎ緊急レポートをご報告いたします!

iPadが一瞬でミニPCに変身する、オドロキのスタンドが新登場!

Makuake/iPadが一瞬でミニPCに! 可能性を無限に広げるスタンド「MOFT Float」

MOFT Float: Worlds First Floating Case for ipad Pro

「MOFT Float」は、ようするに、一体型のiPad用スタンドです。iPadが一瞬で一体型PCみたいになります。

なんと「MOFT Float」は、日本でも特許出願中の優れもの。

ダブルヒンジ構造により、iPadが好きな高さや角度へ一瞬で調整可能になります。

しかも! スタンド部分はケースに収納できる形状になっているにもかかわらず、収納時は背面がフラットになるスリム設計なので、持ち運びが超楽チンです。

高さは最高8cm(3.15インチ)、角度は最大130°まで可動します。

スタンドを立てて使う「フローティングモード」ならば、オンライン会議参加や動画再生、ノートPCのサブモニターとして使うのに最適です。

スタンドを下ろして背面パネルを立てて使う「横置きモード」は、お絵かきするのに最適。縦置きして使う「縦置きモード」は、ネットサーフィンに最適です。

「MOFT Float」の本体重量は378gからと、ペットボトル一本分ほどで、軽々持ち運べます。

ヒンジ部には軽くて頑丈なアルミニウム合金を採用。8000回の開閉試験を実施した後でも問題ない高耐久性があります。さらに転倒防止機能まであるので、まさに至れり尽くせりですね!

自分だけの個人空間が持ち歩ける、オドロキのデスクが爆誕!

Makuake/自分の個室空間ができる持ち運べる集中デスク「SEREN desk」

SEREN desk

「SEREN desk」は、ようするに、持ち運びが超ラクラクちんな、自分だけの個人空間が作れる、集中デスクです。ノマド先が一瞬で個室に早変わりします。

例えば、お出かけ先でノマドワーキングをしようとしても、まわりの目線や、まわりの声、生活騒音などワイワイガヤガヤした環境の中では、とても集中力が持ちません。

また、そんな環境下では、自分だけの世界だけに引きこもることはとても困難です。人の目線が気になって、心臓がバクバクすることは否めません。人の目を見て話せない筆者ならなおさらのことです。

そんな人に福音! 「SEREN desk」は、どこでも持ち歩ける「集中デスク」です。

パソコン、スマホ、タブレットの利用や、読書、瞑想などをしたいときに、作業に必要な空間は保ちつつも、目線と耳元の吸音材が、あなただけの「個室空間」を演出します!

さすがにまわりの騒音を全部シャットアウトするのは、ちょっと寂しいので、まわりの音は適度に聞こえながらも、例えば、木漏れ日の中で、あたりを歩いている人の目線を避けながら、わりと集中できそうな、エレガントでナイスな環境を作り出してくれます。そのうえ、持ち運びも超楽チンです。

子供たちには子供部屋を与えているのにもかかわらず、書斎なんて気のきいたものを持っていない、終日リビングを自室代わりに過ごしているような、筆者のような哀れなお父さんにとっては、自宅使いにも最適かも知れません。

「SEREN desk」の吸音材は、人の声の中心音域である500~1000Hz(ヘルツ)を効率的に吸収します。また、外側には薄い遮音材も複合しているので、あなたの声が拡(ひろ)がることをバッチリ抑えてくれます。その結果、音は多少は漏れますが、まわりの人への配慮をしながら、ゆかいにweb会議を実現することが可能です。やったね!

超小型軽量なので、これなら持ち運びも超カンタン!

……とはいえ、こういったものは実際に触ってみないと、とても正確なレビューなんてとてもデキッコナイスですよね。

とゆーワケで、ノマドに最適! iPadが一体型パソコンになるスタンド「MOFT Float」と個室空間集中デスク「SEREN desk」をいざ! 試用してみることといたしましょう!

「MOFT Float」と「SEREN desk」を試用してみました!


今回試用する「MOFT Float」です。とっても薄くて軽量なのに堅牢(けんろう)でとても喜ばしいです。

開封してすぐに背面のスタンドを開けば、横置きモードに早変わり! 安定してiPadを立てることが可能です。

ちなみに横置きモードは、お絵かきに最適なモードです。縦置きモードならば、ネットサーフィンに最適です。

我が愛機、第4世代のipad Pro 12.9インチを「MOFT Float」にはめこみます。

スタンドを立てて、「フローティングモード」にトランスフォーム! オンライン会議参加や動画再生、ノートPCのサブモニター用として使うのに、特に捗り(はかどり)そうです。

次に試用するのが「SEREN desk」です。とっても薄くて軽量、なのに堅牢(けんろう)なのがとても喜ばしいですね!

開封してすぐに、吸音部を外して足を立てて、手で持つ部分のパーツを手前に起こして組み立てて、そこに吸音部を差し込んでいきます。

組み立ては実にカンタン、あっという間にできました!

「SEREN desk」と、「MOFT Float」の夢のコラボレーション完成! 「フローティングモード」は、とっても使いやすいです!

いつでもどこでもiPadが一体型パソコンになるスタンド「MOFT Float」と個室空間集中デスク「SEREN desk」を持ち歩けば、そこがあなたのオフィスに大変身! バンザーイ!

実際の試用動画がコチラ! ▼

ノマドに最適! iPadが一体型パソコンになるスタンド「MOFT Float」と個室空間集中デスク「SEREN desk」

ノマドに最適! iPadが一体型パソコンになるスタンド「MOFT Float」と個室空間集中デスク「SEREN desk」。
社畜のみなさん、両方持ち歩いて、好きだだけノマドしてください!

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia等。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。御注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用においては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資にあたっては、御自身で御判断いただきますようお願い致します。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中! →https://amzn.to/2XxEJQS
2020年3月26日(木)J-WAVE 「STEP ONE」の「LIFE IN SMART」に生出演しました!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。