人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

丸めるだけ!超かんたんなインスタントみそ汁の作り方

2021.02.21

日本人のソウルフード、いや、ソウルスープとも言えるおみそ汁。まだまだ寒い日が続くこの時期、あたたかいおみそ汁がより一層美味しく感じられるという人も多いのではないだろうか。

そこで今回は、冬のおみそ汁ライフを充実させるべく、「キャベツを味わうおみそ汁」と「みそまる(みそ玉)」の作り方を紹介していきたい。

■キャベツを味わうおみそ汁

<材料>(2人分)
キャベツ(極細い千切り)……1/4個
かつお節……10g(ひとつかみ)
水……400cc
みそ……大さじ2

①鍋に湯を沸かし、沸騰したらかつお節を入れてすぐに火を止める。そのままかつお節が沈むまで5分ほど待つ。
②かつお節が沈んだら半分だけ残し、もう半分は取り出す。
そこに、キャベツを入れて弱火で10分ほど煮る。
③キャベツがしんなりしたら火を止めて、みそを溶いて完成。

※卵・春雨・ソーセージ・ベーコンなど、少し変わり種な食材を合わせるのもおすすめ。

■「みそまる(みそ玉)」

「みそまる」とは手作りのインスタントみそ汁。作り方は簡単で、味噌とだし素材、具材を混ぜ合わせ、1食分ずつ丸めてラップで包めば完成。

食べるときは、お湯を注ぐだけ。一人暮らしで一人分のおみそ汁を作るのが手間に感じる方、朝ごはんを作る時間がない方も、いつでも手軽に手作りみそ汁を味わえる。

また、持ち運ぶこともできるので、お弁当と一緒に持って行くことも寒い時期にはおすすめ。冷蔵で約1週間、冷凍で約1か月保存可能だ。

出典元:アサヒグループ食品株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。