人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

桜の開花予想、東京がトップで3月19日、続いて横浜、福岡、高知が21日

2021.02.18

間もなく冬が終わり、季節は春へ。少し気が早いかも知れないが、今年の桜はいつ咲くのだろうか?

ウェザーニューズではこのほど、桜の季節に向けて「第三回桜開花予想」を発表した。2021年のソメイヨシノの開花は、平年よりも早いところが多い予想。開花トップは3月19日の東京で、21日に横浜、福岡、高知が続く。

以下にて、全国各地の開花予想日などを紹介しているので、参考にしていただきたい。

3月19日に東京から開花スタート!全国的に平年より早い傾向

2021年のソメイヨシノの開花は、平年より早いところが多い予想。昨年・例年(過去5年平均)と比べると同じくらいのところが多いが、関東や東北では、記録的に早く開花した昨年と比べると、5日前後遅くなると見込みだ。

また、九州南部では暖冬の影響で休眠打破が遅れた昨年と比べると、開花が早まる予想。西・東日本の3月の気温は平年並かやや高い予想で、桜のつぼみは順調に生長する。天気は周期的に変化するが、後半ほど晴れる日が多くなり、日差しの暖かさが開花を後押ししそうだ。

全国に先駆けて3月19日に東京から開花がスタートし、21日に横浜、福岡、高知が続く予想。昨年は暖冬の影響で開花が遅れた鹿児島も、年末から度々訪れた寒気の影響で桜の花芽の休眠打破が行われ、23日には開花を迎える予想だ。3月末までには西・東日本の各地で開花し、4月上旬には新潟や長野でも開花する見込み。

北日本の3月から4月の気温は平年並から高い予想で、つぼみの生長は順調に進む。4月1日に仙台、福島から開花がスタートし、4月下旬には桜前線が北海道に上陸する。4月23日に札幌で開花し、5月9日には釧路でも開花を迎える予想だ。

強い寒気の影響で、休眠打破の遅れはない見込み

桜の花芽(生長すると花になる芽)は、気温の高い夏から秋にかけて作られ、冬になると休眠して一旦生長が止まる。

その後、真冬の厳しい寒さに一定期間さらされると、花芽が休眠から目覚め(休眠打破)、開花に向けて再び生長を始める。桜の開花には、春の暖かさだけでなく、冬の寒さも必要だ。

昨年末から今年の1月上旬にかけて度々訪れた寒気は記録的な大雪をもたらした。この影響で全国的に桜のつぼみの休眠打破は行われたとみている。昨年は暖冬の影響で休眠打破が遅れた鹿児島でも、今年は休眠打破が進んでいると考えられるため、開花時期は平年よりやや早く、昨年よりも1週間以上早くなる予想だ。

ラニーニャによる厳冬→暖かい春は、桜の生長が早い可能性

今シーズンと同様に、冬季にラニーニャ現象が発生していた2018年の桜開花は、全国的に開花が平年よりも早く進み、近畿や山陰、東海、関東などで観測史上最も早い満開となったところがあった。

この年、桜の生長が早くなったのは、ラニーニャ現象の影響で全国的に冬の気温が低く、休眠打破が確実に行われたことに加え、2月から3月にかけて暖かい日が増えてつぼみの生長が加速したためと考えられる。

今シーズンも度々の寒波で休眠打破はしっかりと行われたとみており、この先どれだけ暖かくなるかが、開花や満開の早さを左右するとみられる。

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。