人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中国の自動車メーカーSAICとアリババがプレミアムEVブランド「intelligence in motion」をローンチ

2021.02.20

アメリカの半導体メーカー・NVIDIA社はこのほど、中国の自動車メーカー最大手・上海汽車集団 (SAIC) が大手電子商取引企業Alibabaと共同で、新しいプレミアム EV ブランド、「intelligence in motion (IM)」を発表したことをブログで報告した。

このブランドの電気自動車は長距離走行が可能で、高性能でエネルギー効率の高い NVIDIA DRIVE Orin コンピューティング プラットフォームによる AI機能が搭載される予定だ。

同ブランド初のラインナップは2車種 (フラッグシップ セダンと SUV) を予定しており、いずれも自動駐車機能などの自動運転機能に加えて、蓄電容量93kWhのバッテリを標準装備する。SAICでは、4 月に開催する上海モーター ショーでセダンの受注を開始し、SUV の受注開始は2022年を予定している。

上記の2モデルには、集中型のコンピューター システムの中枢に複数の NVIDIA Orinシステムオンチップ (SoC) が搭載される予定。これにより、500TOPSから1,000TOPSを超える処理能力を達成し、自動化や自律化の機能に加えて、車内でのパーソナライズ機能が可能になり、OTAによる継続的なアップグレードにより真のソフトウェア デファインド体験が実現される。

コンピューティング アーキテクチャを一元化して統合することで、IMブランドの車両は開発された高度なソフトウェア機能を受け取ることができる。こうしたソフトウェア デファインドの車両は、携帯電話と同じように、定期的にソフトウェア アップデートを受けとる。

プレミアム車両の詳細

最上位のプレミアム電気自動車ブランドを開発する上で欠かせないのが、クラス最高水準の車載コンピューティングだ。

Orinは世界で最も高性能で最先端の自動運転車(AV)およびロボティクス向けのプロセッサとなる。このチップに搭載されたスーパーコンピューターの処理能力は最大254TOPS(毎秒254兆回の演算能力)に及び、自動運転車やロボットで多数のアプリケーションとディープ ニューラルネットワークを同時に処理することでき、さらに、ISO 26262 ASIL-Dなどの機能安全基準を満たす。

IMブランドの車両の中核に2基のOrin SoCを搭載することにより、コンピューティング プラットフォームの処理能力は500TOPSを超え、自動運転に必要な冗長性と多様性を実現できる。

あらゆる最新のコンピューティング デバイスと同様に、テクノロジの進歩に合わせて車両の性能や機能の向上に携わる多くのAIエンジニアおよびソフトウェア エンジニアを擁する大規模なチームが、これらのインテリジェント車両をサポートする。

インテリジェンス イン モーション

IMブランドの新しいラインナップにより、インテリジェント モビリティやエレクトリック モビリティの水準がさらに高まる。新しいラインナップには蓄電容量93kWhのバッテリが標準装備され、プレミアムモデルには115kWhのバッテリが搭載される。

IMブランドの車両はソフトウェア デファインドのため、モバイル デバイスと同じく、ただアップデートされるだけでなく、最新のテクノロジとシームレスに連携する。

同ブランドでは、ドライバーや同乗者の体験をパーソナライズするためのスマートフォン機能を搭載し、車内にスマートで快適な空間を創り出している。

継続的にアップグレードできる新たな電気自動車ラインナップであるSAICのプレミアム IMブランドにより、インテリジェントな個人向け交通手段におけるイノベーションがさらに進むことになるだろう。

出典元:NVIDIA ブログ
https://blogs.nvidia.com/blog/2021/01/14/saic-im-ev-nvidia-drive-orin/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。