小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1位は大河効果で明智光秀、2位は?検索数が多い日本の武将ランキングTOP10

2021.02.19

ヤフーはこのほど、国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータをもとに、「日本の武将 検索ランキング」を発表した。集計の結果、第一位には、2020年に開始されたNHK 大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、「明智光秀」が輝いた。

第二位は、その光秀が1582年に起こした謀反「本能寺の変」によって、天下統一の野望を前に自害した「織田信長」。第三位は、美濃の戦国大名であり、1556年の長良川の戦いで戦死した「斎藤道三」となった。さらに、第四位、第五位には、信長とともに「戦国三英傑」に数えられる徳川家康、豊臣秀吉がランクインするなど、「麒麟がくる」に登場した主要な武将がTOP5を独占した。

■「日本の武将 検索ランキング」集計結果

第1位:明智光秀
第2位:織田信長
第3位:斎藤道三
第4位:徳川家康
第5位:豊臣秀吉
第6位:伊達政宗
第7位:武田信玄
第8位:平清盛
第9位:上杉謙信
第10位:源義経

なお、「Yahoo!検索」のデータによると、2020年に“大河ドラマ”というキーワードが検索された回数は、前年比で約38%増加していることや、集計を行った7年間で2020年が最も検索数が多いことがわかっている。

2月14日からスタートしたNHK 大河ドラマ「青天を衝け」の初回視聴率が、関東地区で20.0%(ビデオリサーチ調べ)をマークしたことからも、2021年以降もしばらくは大河ドラマの好調は続きそうだ。

出典元:ヤフー株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。