人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1月期の商品別テレビCM放送回数ランキング、3位ユーキャン、2位ニトリ、1位は?

2021.02.18

昨年と今年に発出された緊急事態宣言下で放送されたテレビCMの内容の違いから、一年前の非日常が日常として定着したニューノーマルな世界が明らかに。

今回ゼータ・ブリッジは2021年1月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査した。

2021年1月度テレビCM放送回数ランキング

2021年1月度 商品別テレビCM放送回数(全国地上波25局、BS放送6局合計)

2021年1月度の概要

2021年1月度の商品別ランキングでは、昨年12月度の4位から順位を上げたリクルートホールディングス「スーモ」が1位に。1位のリクルートホールディングス「スーモ」を筆頭に、5位のエイブル「エイブル」、8位のCHINTAI「CHINTAI」、13位のAPAMAN「アパマンショップオンライン」と不動産系ポータルサイトのCMが多くみられた。不動産業界の繁忙期と言われる3月を前に、利用促進を目的にテレビCMの出稿が増えたと考えられる。

今回、特筆すべきはACジャパンのCMだ。今年1月7日に、首都圏を中心に2度目の緊急事態宣言が発出された。昨年4月の緊急事態宣言発出の際には、各企業がCM放映を自粛した影響により、ACジャパンのCMが急増し、放送回数ランキング4位(放送回数11,985回)となっていた。しかし、今回の緊急事態宣言下でのACジャパンのCMは、放送回数ランキング84位(放送回数1,483回)となり、順位と放送回数ともに大幅に減少した。

昨年4月の緊急事態宣言時には、多くの企業CMの内容が社会や個人の状況に即さない内容だったために、CM放送を自粛する結果に。だが、今年1月の緊急事態宣言下で放送された企業CMは、withコロナの生活が定着し、その様相を反映しているクリエイティブだったために、放送を自粛しACジャパンのCMへ差し替える必要がなかったと考えられる。

同じ緊急事態宣言下にも関わらず、このような違いが見られたのは、一年前には非日常であった新型コロナウイルスとの共存が、社会の在り方や個人の考え方を変化させ、ニューノーマルな世界が始まっていることの表れであると考えられる。

2021年1月度 エリア別テレビCM放送回数ランキング

商品別テレビCM放送回数ランキングで1位のリクルートホールディングス「スーモ」は、東京・大阪・名古屋・札幌で1位、福岡2位とエリア別ランキングでも上位にランクインしている。

また、ユーキャン「ユーキャン」やリクルートホールディングス「スタディサプリ ENGLISH」などが各地で上位にランクインした。新しい一年の始まりとともに新たな挑戦を促したり、自宅やスマートフォンで手軽にできる資格取得や学習を提案するクリエイティブに。

さらに、ソニーネットワークコミュニケーションズ「NURO光」も各地でランクイン。高速インターネット光により、自宅インターネット環境が快適になり、インターネットを活用したおうち時間がより楽しくなることを提案するクリエイティブとなる。

【東京】

【大阪】

【名古屋】

【福岡】

【札幌】

【BS】

調査概要

調査期間:2021月1月1日~1月31日
対象:全国地上波25局、BS放送6局
調査方法:動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。