人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

理不尽へっちゃら、やせ我慢大好き、自己犠牲をいとわない、ラガーマンは結婚相手に最適か?

2021.02.27

【ラガーマンの恋愛学】関連記事を@DIME記事の中から4本を厳選して紹介。

ラガーマンの恋愛学

【ラガーマンの恋愛学】「理不尽へっちゃら」「やせ我慢大好き」だからこそ本当に頼りになるラグビー選手の魅力

この記事のタイトルは「ラグビー選手」ではなくて、あえて「ラグビー部」としています。それは専門的、プロ的にラグビーをしている一部の人たちにスポットをあてているわけではないからです。たとえ3日でも、ラグビーを経験したらラグビー部。そしてラグビーの心を知ったならラグビー部。そんな思いで書いております。

【参考】https://dime.jp/genre/1024813/

【ラガーマンの恋愛学】ラグビー部出身者が結婚相手に向いている理由

毎回のお話で、ラグビー部は汚いだの、くさいだのと書きすぎて、そろそろ怒られそうな予感もしてきました。ので、今回は、なぜラグビー部が結婚に適しているのかを、ずばりと言いましょう。体調が悪くても、はってでも会社に行くメンタリティを持つ彼らですが、結婚に向く最大の理由は、自分がどうしたいか? よりも、自分がどうすればいいか?を考え、行動できるからだと思っています

【参考】https://dime.jp/genre/1024819/

【ラガーマンの恋愛学】自己犠牲をいとわない男たちの魅力とは?

この秋はワールドカップに日本中が沸いた。今までラグビーを観たこともなかったという人が、熱い声援を送り、涙を流したり。「なんでこんなに面白いスポーツ、知らなかったんだろう」という人もいる。また「ワールドカップが終わったら何を楽しみに生きよう?」というラグビーロスな人も出そうだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1024805/

【ラガーマンの恋愛学】パートナーのダメなところも前向きに解釈できるラガーマンの魅力

ラグビーワールドカップでも感じましたが、15人の選手が試合前の国歌斉唱で並んだとき、他のスポーツとちょっと違うな、と気がついた人もいることでしょう。そうなんです。ラグビーって、背の高い人、低い人、太った人、痩せマッチョ、いろいろな体験の人がひとつのチームを構成しているんです。でもそこが面白い。そして重要。いろいろな個性を尊重しあえることを学んだら、それからの人生は他者を尊重して生きていけます。

【参考】https://dime.jp/genre/1024800/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。