人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

若い世代に見てほしい昭和の名作アニメランキング、3位シティーハンター、2位フランダースの犬、1位は?

2021.02.15

子どもから大人まで、幅広い世代に楽しまれている「アニメ」。

1963年に初の長編テレビ用連続アニメ『鉄腕アトム』が放送されたことをきっかけに、日本のアニメ市場は大きく成長し、昭和の時代には数多くの名作が誕生した。

今回gooランキングは、若い世代にも見てほしいと思う昭和の名作アニメはどの作品なのかを調査しランキング化。

1位は昭和世代納得のあのアニメ!オラ、わくわくしてきたぞぉ〜(超ヒント)

若い世代にも見てほしい!昭和の名作アニメランキング

3位は『シティーハンター』

3位には、昭和から平成へと時代が移りゆく直前の1987年~1988年にかけて放送された『シティーハンター』がランク・インした。

『週刊少年ジャンプ』で連載されていた人気漫画をアニメ化した本作は、都会の悪を掃除するすご腕のスイーパーとして裏社会で知られる冴羽りょうと、相棒の女性・槇村香が活躍する姿を描いたハードボイルドコメディーだ。

放送終了後は、1999年を最後に続編テレビシリーズやスペシャル番組、劇場版が長らく制作されていなかった本作。2019年に20年ぶりの新作として公開された『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』で初めて作品に触れた若いアニメファンに、全ての始まりとなる作品としてお薦めしやすいのでは。

2位は『フランダースの犬』

2位に続いたのは、児童文学を下敷きにしたアニメシリーズ「世界名作劇場」の一つで、1975年1月~12月にかけて放送されていた『フランダースの犬』。

イギリス人作家ウィーダ(ルイズ・ド・ラ・ラメー)の小説を原作とする本作。舞台となるのは1870年ごろのベルギー・フランダース地方で、芸術を愛する少年ネロと愛犬パトラッシュが、互いに助け合いながらけなげに生きていく姿を描く切ないストーリーが特徴だ。

放送終了から実に45年以上が経過しているが、現在でも有料動画配信サービスで手軽に楽しめるので、若い世代に見てもらいやすいのもポイントが高い。

そして1位は『ドラゴンボール』!

堂々の1位には、昭和末期の1986年2月から平成初期の1989年4月にかけて放送された『ドラゴンボール』が輝いた。

山奥で暮らす尻尾の生えた少年・孫悟空が、仲間と共にどんな願いもかなえてくれる7つの“ドラゴンボール”を探してまか不思議な冒険を繰り広げる姿を描いた本作。1984年~1995年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載され、当時絶大な人気を誇っていた原作漫画同様にヒットし、その後も幾つかのシリーズ作品が制作された。

最初の放送からすでに30年以上が経過しているが、2010年以降も続編『ドラゴンボール超』(2015年~2018年)が放送されるなど、息の長いシリーズとなっているだけに、本作を若い世代にお薦めする意義はありそうだ。

集計方法

gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものだ。
投票数合計:1,285票
調査期間:2020年11月02日~2020年11月16日

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。