人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スパイス料理研究家・印度カリー子さんが教えてくれた簡単に作れる「スパイス弁当」レシピ3選

2021.02.15

ながびくコロナ禍のせいで、行きつけのカフェのあるじは「誰も来なくなってねぇ」と、こぼす。

ところが、ランチのテイクアウト需要が急増。朝からその仕込みで忙しいという。無人のカウンター席に作りたてのお弁当がずらりと並ぶ光景に、すっかり見慣れてしまった。全国各地で起きている現象だろう。

簡単でおいしく作れる「スパイス弁当」

筆者もそうだが、「ランチはテイクアウトする」というスタイルが定着したリモートワーカーの悩みの一つは、毎日これが続くと、さすがに味に飽きてしまうことだ。

そこで提案したいのが、「手作り弁当」。自分で作った弁当を、公園かどこか「密」にならず気分転換にもなる場所で食べる。何日かに1回でもそうすれば、ランチのマンネリ感も防げる。そして欲を言えば、シンプルで手早く作れ、なおかつ朝のうちに作り置きできるものがいい。

というわけで、これらの条件をパーフェクトに満たしたのが「スパイス弁当」。これは、スパイスカレーの定番スパイスをふんだんに使った弁当のことで、それを集めたレシピ集『一肉一菜 スパイス弁当』(世界文化社)が刊行されている。

著者は、印度カリー子さん。最近テレビでも見かけるようになった、新進気鋭のスパイス料理研究家だ。

カリー子さんは、大学入学で上京してから「毎日欠かさずお弁当を作って持っていっています」と言うほどのお弁当派。特にスパイス弁当は、味はもちろん「冷めてもおいしい」「健康にいい」などメリットがたくさんあるのが、推しの理由。以下、本書にあるものから、3つピックアップしよう。

鶏もも肉のスパイス和え

「一肉一菜」というだけあって、肉を主体にしたレシピが多い。どれも、ミニマムな品数の食材で手早く作れるのがいい。「鶏もも肉のスパイス和え」は、「毎日食べたい絶品おかず」だそうで。

【材料(2人分)】
・鶏もも肉(一口大に切る):250g
・おろしにんにく:1かけ分
・おろししょうが:1かけ分
・ごま油:小さじ1
・塩:小さじ1/2
・クミンパウダー:小さじ2
・ターメリック:小さじ1/2
・チリペッパー:小さじ1/4
【作り方】
1 フライパンに鶏肉と塩を入れ中火で5分ほど炒める。
2 残りの材料をすべて加え、よく混ぜ合わせる。

鮭のバターソテー

肉に続いて、魚介のレシピにも1章割かれている。スパイス大国のインドやスリランカでは、魚介料理も豊富だそうで、日本人向けにアレンジした一品がこちら。

【材料(2人分)】
・鮭(銀鮭、サーモンなど):2切れ
・バター:10g
・塩(塩鮭の場合はなし):小さじ1/2
・クミンパウダー:小さじ1/2
・コリアンダー:小さじ1/2
・ターメリック:小さじ1/2
・ブラックペッパー:小さじ1/8

【作り方】
1 スパイスと塩を混ぜ、2~3等分に切った鮭にまぶす。
2 フライパンにバターを入れ、弱火で1を片面5分ずつ焼く。

ズッキーニポークカレー

運んでも汁こぼれの心配がない、ドライカレーのレシピも幾つかある。その1つがこちら。牛乳を加えることで、マイルドな味わいに。

【材料(4人分)】
・豚肩ロース肉(一口大に切る):300g
・ズッキーニ(半月切り):1本
・玉ねぎ(みじん切り):1個
・トマト(ざく切り):1個
・にんにく(みじん切り):1かけ
・しょうが(みじん切り):1かけ
・牛乳:50ml
・サラダ油:大さじ1
・塩:小さじ1
・コリアンダー:小さじ2
・クミンパウダー:小さじ1/2
・ターメリック:小さじ1/2
・チリペッパー:小さじ1/2
・カルダモン(ホール):5粒(パウダーでも可)
・シナモン(ホール):5cm(パウダーでも可)
【作り方】
1 フライパンにサラダ油を入れ、ホールスパイスを弱火で熱する。(パウダーの場合は、各小さじ1/4を4で加える)
2 カルダモンが膨らんだら、にんにく、しょうが、玉ねぎを入れ、焦げ茶色になるまで中~強火で10分ほど炒める。
3 トマトを加えて、つぶしながらペースト状にする。
4 弱火にしてスパイス、塩を加えて1分ほど炒め合わせる。
5 豚肩ロース肉を加えて、火が通るまで中火で2分ほど炒める。
6 ズッキーニ、牛乳を加えてよく混ぜ、ふたをして弱火で10分ほど蒸し煮にする。最後にふたを取り、水気を飛ばしたら、塩(分量外)で味をととのえる。

4人分の分量である点に注意。冷蔵で5日、冷凍で1カ月もつので、一人暮らしでも作り置きしておけばよい。冷凍保存の場合、前夜に冷蔵庫に入れるか、当日電子レンジで半解凍する。

カリー子さんは、「スパイスのおかずには、いつも想像を超えた新しい発見とおいしさ」があると語る。作る楽しみも含め、ランチのマンネリ化打破に「スパイス弁当」を取り入れてみてはどうだろう。

印度カリー子さん プロフィール
スパイス料理研究家。1996年11月生まれ。宮城県出身。初心者のためのスパイス専門店 香林館株式会社代表取締役。「スパイスカレーをおうちでもっと手軽に」をモットーに、スパイスセットの販売・開発のほか、料理教室の運営やコンサルティングなどを行う。現在、東京大学大学院にて、食品科学の観点から香辛料の研究を行う。著書に『私でもスパイスカレー作れました!』(こいしゆうかとの共著、サンクチュアリ出版)、『ひとりぶんのスパイスカレー』(山と渓谷社)、『心とからだを元気にする お助けスパイスカレー』(家の光協会)ほか、各種メディアでも活躍。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。