小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フルマラソン3時間30分完走を目指すランナーにおすすめ!高反発ソール素材を搭載したミズノの高性能ランニングシューズ「WAVE AERO 19」

2021.02.15

フルマラソン完走3時間30分を目指すランナーやスピード練習をするランナーにおすすめのシューズがミズノの「WAVE AERO 19」だ。

同製品は、ミズノの基幹機能である『ミズノウエーブ』の改良に加え、従来のソール素材と比較し、柔らかさが約17%、反発性が約15%向上した新素材『MIZUNO ENERZY』を踵部に搭載。また、アッパーとシュータンを一体化することで軽量化を図り、前モデルより約10g軽い約215g(27.0cm片方)を達成した。

MIZUNO ENERZYを搭載したランニングシューズ『WAVE AERO 19』

新素材『MIZUNO ENERZY』は、柔らかさによってためた接地時のエネルギーを、ロスを少なく反発させるミズノ独自の新素材で、総合スポーツ用品メーカーとしてシューズカテゴリー以外の用具開発を通して培った反発性に関する知見を活用して開発した。

新素材『MIZUNO ENERZY』は競技特性や使用シーンに合わせて、最も柔らかさと反発性を高めた『MIZUNO ENERZY CORE』、軽量性を追求した『MIZUNO ENERZY LITE』、標準的な『MIZUNO ENERZY』の3 タイプで構成されている。

「WAVE AERO 19」には、標準的な『MIZUNO ENERZY』を採用。新素材『MIZUNO ENERZY』を踵部に採用し、従来のミッドソール搭載モデルと比較すると柔らかさが約17%、反発性が約15%向上した。

アッパー

横方向に伸縮し、縦方向には伸びにくく設計された『ウーブンアッパー』を採用しています。さらに履き口を一体化することで、スムーズな足入れ、高いフィット感を生み出す。

伸び止めを前足部両側と後足部内側にいれることで、走行時のパワーロスを軽減させる。また、アッパーとシュータンを一体化することで軽量化を図り、前モデルより約10g軽い約215g(27.0cm片方)を達成した。

インソール

柔らかい素材を使った「アナトミカルカップインソール」を採用。足との一体感を高めつつ、柔らかい足入れ感になっている。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。