小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソフトバンクから楽天モバイルに転職した社員による機密情報漏洩事件、何が問題だったのか?

2021.02.18

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はソフトバンクから楽天モバイルに転職した人物による情報漏洩事件について話していきます。

※新型コロナウイルス対策を行っております

ソフトバンクから楽天モバイルに情報漏洩

房野氏:2019年にソフトバンクから楽天モバイルに転職した人物が、機密情報を流出させたとして「不正競争防止法違反」で逮捕されました。詳しくお話いただけますか。

【参考】楽天モバイルへ転職した元社員の逮捕について|ソフトバンク

房野氏

石川氏:現在調査が進んでいるところですが、容疑者はネットワーク工事や管理の資格を持っていて、その情報が流れたという話です。ソフトバンクがどこに基地局を持っているか、どのルートの光ファイバーを流れているかなどがわかるので、基地局設置の交渉がしやすくなりますし、NTTが持っている回線の近くに基地局を置けるというメリットがあるといわれています。

 ソフトバンクは昨年、ロシアのスパイにデータを取られているので、セキュリティが甘い部分もあるのではないでしょうか。

石川氏

法林氏:いってしまえば、基地局工事の下請け会社などはある程度情報をもっているはずなので、調べればわかる部分です、しかし、その情報を転職する社員が持って行けてしまう状況が問題だと感じています。

法林氏

石野氏:携帯電話業界の常識としては、通信キャリアからメーカーに転職し、次に別のキャリアへ移るといった感じで、間にキャリア以外の会社を挟むのが一般的な転職パターンですね。

石野氏

法林氏:キャリアから直接キャリアへの転職はあまりないです。

石川氏:今回はあくまで“新規参入”の楽天モバイルだったので、大手3社から転職者がいたという状況でしょう。

石野氏:ソフトバンクも参入当初はドコモから転職者がいました。実は直接の転職はメーカー間のほうが厳しくて、例えば某中国メーカーからどこか違う会社を挟んで、別の中国メーカーへ転職するといった話も聞きます。転職にはある程度のルールを設けないと、再びこういう事件が起きてしまうのかもしれません。

法林氏:いい話ではないですし、転職した人にとってもこの先必ず名前が出てしまうのでマイナスです。業界内では警戒されるでしょうし、楽天モバイルもその人を使い続けるかといわれると難しい。

石川氏:楽天モバイルはコアネットワークに関しては海外の技術を参考にできるけど、日本で基地局を立てるノウハウは3キャリアやその下請け業者しか持っていません。おのずとリクルーティングすることになるのですが、手土産がついてきてしまったことによって問題になっています。

 今後、楽天モバイルがネットワークの話をする時に、「それってソフトバンクの情報があったからできる話でしょ」と、総突っこみを受けてしまうのが厳しいですね。楽天モバイルは5年前倒しでネットワーク展開するとしていますが、そこにもケチがつきそう。

石野氏:情報を全部暗記して持ち出していればよかったものの、メールから盗んでしまったのが問題ですね。

石川氏:メールで簡単に機密情報を添付できてしまう仕組みにも問題があると思います。

法林氏:ソフトバンクも2004年、「Yahoo!BB」での情報漏洩事件などがありました。あの時に情報の持ち出しについてひと悶着ありましたが、結局今回持ち出されている。

石川氏:個人情報ではないといっていますが、会社の大切な情報ではあるので流れてしまうのが驚きです。

石野氏:「Yahoo!BB」の事件以降、ソフトバンクでは情報の取り扱いが厳しくなっていて、会議ひとつするにも、秘密保持契約が必要になるという話もありました。それなのにメールで簡単に情報を盗めてしまうということに驚きました。

【参考】Yahoo! BBの顧客情報に関するお知らせ|プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2004年

法林氏:楽天モバイルとしては、今後必ず釈明をしないといけません。業界として過去に例のない話なので、現状では悪い印象しかないですから。

石川氏:新聞記者に聞いたところ、楽天モバイルは「完全仮想化」だから、情報を盗んでも関係ないと話しているようですが、そんなわけがない。

法林氏:光ファイバーがどこを通るかなど、仮想化とは関係のない話です。一般ユーザーからこの事件がどう見えているのかがポイントですね。

石野氏:イメージは悪いですよね。料金プランの競争でも追い込まれている状況で、さらに他社の情報を盗んでいたとなっています。サービス開始から約1年、トラブル続きでしたから印象はよくないと思います。

法林氏:いろいろな意味で厳しい状況ですね。

......続く!

次回は、ドコモ、ソフトバンクの社長交代について話し合う予定です。ご期待ください。

法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

構成/中馬幹弘
文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。