人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実施のタイミングはいつ?米国の金融政策で注目される「テーパリング」

2021.02.13

『テーパリング』とは、「先細り」を意味する英語であり、金融・証券用語としては量的金融緩和を縮小することを指す。この『テーパリング』が今、米国の金融政策において注目を集めていることに言及した、三井住友DSアセットマネジメントによる最新のマーケットレポートがこのほど発行された。詳細は以下の通り。

量的金融緩和政策と『テーパリング』

中央銀行は、景気後退期には政策金利を引き下げて景気や物価の下支えを行う。それでも景気が回復しない場合、非伝統的な手法である量的金融緩和政策を行う。国債や担保証券などを大量に買い入れることにより資金を供給し、債券市場の安定や長期金利の低下を促す。結果として、企業は資金調達がしやすくなり、設備投資などの経済活動が活発になることが期待される。

政府が打ち出す財政政策との相乗効果などで景気が上向くと判断されると、金融政策を正常に戻すべく中央銀行は出口戦略として量的緩和の縮小を実施する。英語のTaperingは「先細り、徐々に減らしていく」という意味なので、量的緩和の縮小は『テーパリング』と呼ばれるようになっている。

コロナショックによる世界的金融危機

2020年に起こった新型コロナウイルスの拡大により、世界的な金融市場の混乱と経済の急速な悪化が発生した。感染拡大の影響による経済危機は、リーマン・ショックなどの過去の経済危機とは異なり、大規模な経済対策の実施を迅速に決定することができた。例えば米国はリーマン・ショック後よりも大規模な景気対策を実施しており、金融政策では多額の資産買い入れを行っている。

『テーパリング』実施のタイミングとは

ワクチンの普及による感染抑制や追加財政の効果によって景気の回復が期待され、経済指標に好転の兆しがみえれば、FRBが買い入れ資産の購入規模の縮小や購入停止についての議論を開始する可能性があると考えられる。

1月26日と27日に行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)では、現在の量的金融緩和は当面継続していくことが議論された。『テーパリング』の時期についてはしばらく先になる可能性が高いとみられる。

今後の経済の回復はワクチンの普及状況と財政政策の効果によるため、FRBの『テーパリング』の実施タイミングを推測することは大変困難だ。

また、前回2013年のように『テーパリング』開始の可能性に言及したことによる金融市場の混乱や経済の変調が起きる可能性もあるため、発表のタイミングやコメントの仕方は慎重になる必要がある。新型コロナウイルスの感染収束後の金融政策について、FRBと市場参加者の間で慎重な対話が必要になりそうだ。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
https://www.smd-am.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。