人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ダイバーシティについて考えるきっかけを与えてくれるレインボーグッズ5選

2021.02.13

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

人はみんなそれぞれ違う。当たり前のことである。だから、本来であれば「多様性」などと言い出さなくても良いはずなのだが、それを改めて言い出さなくてはいけない世の中になっているということなのだろう。ちなみに虹色というのは多様性の象徴としても用いられる色である。セクシュアリティの多様性を意味するものとしてLBGTの象徴としても用いられている。色んな色を含んでおり見ているだけで元気のもらえる虹色であるが、改めて多様性について考えるきっかけにしてみてはいかがだろうか。

ネコの集合がネコを作り上げるパズル『herding cats puzzle』

『herding cats puzzle』はジグソーパズルの1種である。あまりに鮮やかな虹色のパズルなのでガラスなどで出来ているのかと思ったらそうではなく、素材に用いられているのは木のようである。出来上がるとネコの立派な姿が見えてくるわけだが、面白いのはピース1つ1つもネコの形をしていること。SNSで募集したアイデアを元にピースの形が決められたそうで、元気に駆けているような姿、獲物を狙うような姿、丸まって眠る姿など、多様なネコの姿を確認することができる。224ピースバージョンには43匹のネコが、114ピースバージョンには23匹のネコが隠れており、すべてのピースがネコの形をしているわけではない点は注意して欲しい。ちなみに製品名に使われている“Herding”という単語も“群れる”ことを意味している。

価格は75ドル。海外のサイト「NERVNOUS SYSTEM」から購入することができる。

日の光をうけて様々な表情を見せるトートバック『Aurora Daytrip Bag』

ちょっと大きめのサイズのトートバッグ『Aurora Daytrip Bag』の特徴はこのオーロラカラー。光を受けて様々な表情を見せるので、飽きることはないし、街中でも人目を引くことは間違いない。素材にTPUと呼ばれるプラスティックの1種である熱可塑性ポリウレタンが使われている。この素材はスマートフォンのケースなどにも採用されており、私たちにとって馴染みのある素材だ。W35×H42.5cmと大きめのサイズに製作されており、肩にかけて持ち運ぶのはもちろん、2つ折りにすればクラッチバッグスタイルとしても使うことができる。普段はクラッチバッグスタイルで使っておき、両手を空けたい時にトートバッグスタイルとして使う、というのもありかもしれない。

価格は税抜3,000円。キュレーションストア「HATCH」から購入することが可能だ。

テーブルを鮮やかに彩る万華鏡のようなピッチャー『レインボー アクリル ピッチャー』

一見すると地味なピッチャーにも見えなくはない。大部分を占めるのは無色透明のアクリルであり、その点では一般的なピッチャーと変わらないからである。それらと異なっているのは底部の部分が鮮やかな虹色になっている点。だが、これだけの違いが大きな差になるのがこの製品の面白いところだ。中に液体を入れると光の屈折により液体にも虹色が反映されるようになる。そしてそれらの色は同じく光を通してテーブルの上にも映し出されるわけで、このピッチャー自体がまるでプロジェクターのような役割を果たすのである。

Amazonで販売されているこちらの製品の価格は税込9,452円。ただ、同様のコンセプトでより廉価製品は世の中には他にもあるので、もっと手軽に使いたいという人はそうしたものを探してみると良いだろう。

実は虹色が隠されたネックレス?『SOLAR SPECTRUM NECKLACE』

こちらのネックレス、一見するとシルバーの枠の中に透明なグレーのディスクが入っているだけのように見える。しかし、こちらを光にかざしてみると途端に鮮やかな虹色が現れる仕組みになっている。理由はグレーに見えたディスクには実は7色の太陽のスペクトラムがプリントされているため。光にかざすことによって元々プリントされていたスペクトラムが見えるわけだ。普段身に着けている限りではこの虹色はほとんど現れないため、ネックレスのデザインとしてはいまひとつと感じる人もいるかもしれないが、自分だけが虹色を眺めて元気をもらいたい人、多様性の象徴としての虹色を身に着けておきたい人などには丁度よいアイテムかもしれない。

価格は39.99ドルで「Bouttique ACADEMIA」のオンラインストアで販売されていたが、2021年1月23日時点では残念ながらSold outと表示されている。

いつまでも割れないシャボン玉を表現したペンダントライト『Iris Globe』

ドイツで活動するデザイン集団「Neo/Craft」によるこちらのペンダントライトのモチーフはシャボン玉である。絶えずその表情を変えるシャボン玉の表面を見て、うっとりと見とれてしまった思い出のある人も少なくないだろう。しかし、やがては割れてしまうシャボン玉。そんなシャボン玉の美しさを永続的に留めておくために、吹きガラス職人との試行錯誤の末に製作されたのがこちらの製品ということだ。ガラス製のペンダントライトを製作したわけではなく、シャボン玉を表現している点がポイントのこの製品。たしかにシャボン玉だ、と思わされる見事な技術に驚いてもらいたい。

多くのバリエーションが用意されていて、表面の素材はシルバーとブラスの2種類から、カラーはゴール&インディゴを始めとする5種類から選択することができる。サイズも5種類から選択することになっており、価格は2,550ユーロから。「Neo/Craft」のオンラインストアにて販売されている。

text/Wataru KOUCHI

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。