人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

衝撃の新料金プランを発表した楽天モバイル、1GB以下で月々基本料0円、20GB使っても月額1980円は他社より本当に得なのか?

2021.02.09

NTTドコモ・au・ソフトバンクの3社がそれぞれ月々20GB/2980円で5分以内の国内通話無料(auは通話なしで2480円が基本料金)というプランを発表したため、対抗プランを余儀なくされていた楽天モバイル。

というのも、第4のキャリアとして名乗りをあげた楽天モバイルは、月額2980円でデータ通信無制限・専用アプリの利用で国内通話無料の「Rakuten UN-LIMIT V」を提供していますが、対応エリアが他3社と比べるとまだまだ狭いのも事実。

20GBという上限こそあるものの、同価格帯で安定した通信を提供できるプランが登場したため、楽天モバイルとしては、なんとか打開策がほしい状況でした。

そんな楽天モバイルが、満を持して新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表。その内容を詳しく見ていきましょう。

「Rakuten UN-LIMIT VI」は従量制のワンプラン!

登壇した楽天モバイル代表取締役会長兼CEOの三木谷浩史氏が、「インターネットをあまり使わない人も、たくさん使う人も納得がいくプランにした」と話した新料金プラン。大雑把にご説明すると、「使った量によって値段が変わる」、従量制のプランになっています。

楽天モバイル代表取締役会長兼CEO 三木谷浩史氏

気になる料金ですが、ひと月でのデータ通信量が1GB以下だった場合は、なんと基本料金が無料。月に1GBから3GBまでの利用で980円、3GBから20GBまでで1980円、20GB以上で2980円となります。

ドコモのahamoやauのpovoといった20GBまでの料金プランと比較すると、通話し放題で1000円安くなった形。20GB以上は無制限で2980円なので、既存の「Rakuten UN-LIMIT V」と同様になります。

Rakuten UN-LIMIT VIは料金プランのアップグレード?

三木谷氏は、Rakuten UN-LIMIT VIは新料金プランではなく、あくまで現行の「Rakuten UN-LIMIT V」をアップグレードしたものと話しました。

そのため、Rakuten UN-LIMIT Vで契約をしている人は、2021年4月1日から「自動的」にRakuten UN-LIMIT VIへとアップグレードされます。

また、現在行われている「契約300万人までデータ通信基本料が無料」のキャンペーンは、料金プランがアップグレードされた後でも適用されるとのこと。

サービス内容としても大きく変化することはなく、テザリングは無制限といった内容も引き継がれています。サービスはそのままに値下げを行ったというイメージでしょう。

3社の20GBプランと比較してお得なの?

では、今回発表されたRakuten UN-LIMIT VIはドコモ・au・ソフトバンクの20GBプランと比較してお得になっているのでしょうか。

まずRakuten UN-LIMIT VIが他の3プランと比較して特徴的なのが、「実店舗でのサービス」が受けられるという点。3社の20GBプランはオンライン専用にすることで人件費を削減し、安く提供しているという背景がありますが、楽天モバイルの場合は直接店舗でのサービスも実施しています。

実店舗でのサービスについて、三木谷氏は「オンラインサービスを理解している人が安く、理解できていない人が高くなるのは不公平」と話しています。

3社の20GBプランの特徴として、ahamoの場合はドコモ内の他プランを使用している家族への割引があり、世界82か国で追加料金なしとなっています。

povoは基本料金が2480円と、ahamo・SoftBank on LINEよりも500円安く、自分好みにサービスをカスタマイズできる「トッピング」の利用が可能。SoftBank on LINEではLINEでのデータ通信は20GBにカウントされないという特徴があります。

Rakuten UN-LIMIT VIは、先に紹介した通り従量制のプランで、どれだけ利用しても最大2980円。専用の「Rakuten LINK」アプリを使用すれば国内通話も無料で無制限となっています。

もちろん一部繋がりにくいエリアこそありますが、安く利用できることに間違いはないでしょう。

通信の品質と価格のバランスを見極めよう

純粋な料金と容量の比率を見れば、今回発表されたRakuten UN-LIMIT VIが4キャリアでもっとも安いプランとなっています。

ただし、何度も紹介している通り楽天モバイルのエリアはまだ限定的。特に都心以外ではauのローミングエリアも多くあります。ローミングエリア内であれば基本データ使用量が月々5GBまでですが、超過後は受信時最大1Mbpsまで通信速度が制限されます。

楽天モバイルを含め、各社これまでとは考えられないほど使い勝手のよいプランを提供し始めているので、自分の携帯電話の使い方をよく考え、それに適したキャリア・プランを選ばなければならない時代に差し掛かっています。

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。