人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キーワードは「ウェルビーイング」2021年注目のヘルシーフード4選

2021.02.09

新型コロナウィルスのアウトブレイクに振り回された2020年。生活環境が激変し、制限のある暮らしに直面しながら、多様な変化を強いられる毎日にストレスを感じた人も少なくないはず。心身の健康の大切さを改めて再認識した人も多いのではないでしょうか。

機能性食材が人気

2021年は、ストイックであることよりも、ファンクショナルフード(機能性のある食材)を豊富に取り入れた食生活を送ることがポイント。ファンクショナルフードとは、鮭やマス、マグロ、ムール貝などオメガ3を含んだ魚貝類。また、アーモンド、カシューなど塩分の少ないナッツ類、大麦、ファッロ、ソバの実、オーツ麦などの全粒穀物(ホールグレイン)。そして、豆類、ストロベリー、クランベリー、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーなどを含む食材で、グロッサリーストアでは人気食材の一つでもある。

2021年は、ストイックであることよりも、ファンクショナルフード(機能性のある食材)を豊富に取り入れた食生活を送ることがポイント。ファンクショナルフードとは、鮭やマス、マグロ、ムール貝などオメガ3を含んだ魚貝類。また、アーモンド、カシューなど塩分の少ないナッツ類、大麦、ファッロ、ソバの実、オーツ麦などの全粒穀物(ホールグレイン)。そして、豆類、ストロベリー、クランベリー、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーなどを含む食材で、グロッサリーストアでは人気食材の一つでもある。

また、毎日の生活の中に感じるストレスや疲労感、気分の落ち込みなど心身の健康を意識したサプリメントの需要も伸び続けている。特に、コロナウィルス感染症の予防への効果があるとされているビタミンDサプリメントをはじめ、ジンク(亜鉛)、セレニウム、ビタミンC類は、特に人気。免疫力UPに効果をあらわすとされているエルダーベリー、エキナセア、アウトラガル(ギバナオウギ)などのハーブサプリメント類やストレスの解消や睡眠力を高めるハーブティーの人気も上昇中だ。

植物性のプラネットミルクに注目!

新たに注目を浴びているのは、ブレックファーストの定番でもあるコーヒー。コーヒー機器の総合メーカーMELITTA社の調査によると、コロナ禍で在宅ワーカーとなり、コーヒーのブリューイングスキルを高めたいと答える人が多いのだそう。最近は、ホームカフェを始める人も増え、牛乳の代替ミルクとなる植物性のコーヒーミルククリーマーも人気を呼んでいる。種類もココナッツ、オート、アーモンド、ソイ、または、スーパーフードクリーマーなどがあり、その中でも濃厚な味わいをもつオートミルクは、バリスタが太鼓判を押すコクのあるプラネットミルク。コーヒーショップでもダントツの人気を誇るだけあって、ニュートリシャスでデリーシャス。しかも、コーヒーだけでなく多種多様なレシピにも合う万能プラネットミルクなので、今、ホットなプラネットミルクでもある。

プラネットミルクと呼ばれる牛乳の代替ミルク。栄養満点+濃厚でリッチな味わいをもつオートミルクとココナッツミルク・コーヒークリーマー。パッケージもかわいい♥

また、今年は、飲むだけのコーヒーだけでなく、コーヒー味のする食べものも気になるところ。例えば、コーヒーフレーバーのスナック菓子。キャラメルとコーヒーをコーティングしたカシューナッツは、病みつきになる味わいなので注意が必要。

コーヒーフレーバーのカシューナッツ。仕事の合間にど~ぞ。激ウマです。

続いて、機能性ドリンクには乳酸菌を発酵させたコンブチャドリンクはもとより、アメリカの飲料業界の最先端を行く無糖・無敵のスパークリングウォーターやセルツァー、トニックウォーター(炭酸水)の勢いも増し続けている。大手ナチュラル系小売店トレーダージョーズやホールフーズ、スプラウトなどでは、オリジナルのスパークリングウォーターも発売しており、その種類の豊富さにどれを選んでいいのか迷ってしまうほどだ。

豊富な種類とフレーバーが揃うスパークリングウォーター。筆者は、片頭痛の時、スパークリングウォーターを飲むと痛みが和らぎます。

イノベーティブでクリエイティブなダイニングへ

気候変動を感じさせられることも多くなった近年。環境への負荷が懸念される中、環境保護を目的としたクリメタリアン(Climatarian)ダイエットが新たな食事法として紹介されている(英語でダイエットの意味は、減量だけではなく食事法・食生活の意味がある)。同ダイエット法は、LESS MEAT, LESS HEATと提唱されており、特に、食糧生産の中で環境への負荷が高いとされる牛、羊、豚などの赤身系の肉の消費を減らすことが望ましいとされているダイエット法でもある。

そこで、人気を呼んでいるのが、プラネットミートと呼ばれる植物性の代替肉(パテ、ソーセージ、ひき肉など)。これまでは、ビーガン、ベジタリアンなど菜食主義御用達のプラネットミートのイメージがあったが、今は、マルチなダイエットに便利な食材として大活躍。しかも、フードテックの進化で食感と美味しさも倍増。イノベーティブでクリエイティブなダイニングが楽しめる旬な食材だ。

プラネットミートの王道を行くBEYOND MEAT。最近は、豊富な種類のプラネットミートがお手頃なお値段で発売されています。

2021年にTHE POWER OF VEGGIESとして話題なのが、マッシュルーム(キノコ類)。そして、スーパーフードの王道を行くケールの次に並んだのはケルプ(ワカメ、海苔)だ。ミネラル、カルシウム、ビタミンBなど栄養価の高い食材であることから、一押しのスーパーフードとして名があがっている。

その他には、キーファーやザワークラウト、キムチ。特に、酸味のあるサワードウブレッドは、コロナ禍中に大ブレイクしたパン。コロナ禍でホームベーカリーに火がつき、小麦粉とイーストを求めて買い物客がスーパーに殺到したのは記憶に新しいところ…。現在も、サワードウブレッドの人気は衰えておらず、人気のパンとしてトップに君臨している。

また最近、筆者が直接、消費者からよく聞かれる食材はゴマ。”ゴマを買いたい”、”ゴマはどこで買えるのか?”といった声をよく耳にする。ミネラル、カルシウム、鉄、マグネシウム、リン、セレン、食物繊維、タンパク質、ビタミンB、抗酸化物のビタミンEなどを含んでいるとされるゴマの栄養価がキーポイントとなっているようだ。近い将来、ゴマブームが訪れる日はくるのか?! 私たち日本人が日頃から親しんでいる食材が、また、違った土地に広がっていくのを心待ちにしたい。

白井朝美のプロフィール:
米国大学留学中にダンサーに。NY拠点にダンサーとして活動後、多種多様な業界を渡り歩いた元・3ヶ月坊主のジョブホッパー。米フォーチュン500企業の最も働きやすい企業に籍を置いたのち、アメリカが選ぶ最高の雇用者のトップにランクインする大手小売企業に祝現職! ライター、ライフスタイルリサーチャー、ブランドアンバサダーとしても活躍。ランニング、ヨガ、ダンスとネコと自由を謳歌する自由人。
https://morningbeauty917.wixsite.com/mysite

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。