人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サイバーセキュリティー市場、2027年までに3000億ドル以上に到達する見込み

2021.02.08

サイバーセキュリティ市場は、2027年までに3049.1億ドルに到達

「サイバーセキュリティ」には、サイバー犯罪、テロ、その他のネットワークサービスの中断からの資産の安全性が含まれ、日常業務に影響を与える可能性がある。

そしてサイバーセキュリティは、IT資産の積極的な監視、停止や悪意のある動きの暴露、および中断への迅速な対応を通じて実現できる。さらに、クラウド、モビリティ、および個人所有デバイスの持ち込み(BYOD)の急増に伴い、エンドポイント保護はすべてのセキュリティ部門にとって重要になっている。さらに、サイバーセキュリティの脅威と脆弱性は、日々、さらには時間ごとに変化する可能性がある。

Reportocean.comの「サイバーセキュリティ市場調査レポート」によると、サイバーセキュリティの市場規模は2019年に1496.7億ドルと評価され、2027年までに3049.1億ドルに達すると予測されており、2020年から2027年にかけて9.4%のCAGRで成長するという。

市場の推進要因と抑制要因

サイバーリスクを管理するための効果的な手順が長い間十分である可能性は低いため、ワイヤレス環境でセキュリティを維持することは、エコシステム内のほとんどのベンダーにとって困難だ。

サイバー脅威は、企業のITインフラストラクチャに影響を与えるだけでなく、ネットワーク全体の混乱を引き起こし、主要なビジネス機能とプロセスに影響を与える。さらに、マルウェアとフィッシングの脅威の増加、および組織間のIoTとBYODのトレンドの採用の急増は、市場の成長を促進する主な要因となる。

ただし、組織間の予算の制約とデバイスセキュリティの複雑さは、市場の主要な制約として機能する。サイバーセキュリティ市場に新しいセキュリティ技術が導入されたため、この要因の影響はわずかであると予想される。

さらに、サイバーセキュリティ活動は現在、ITリソースの被害を最小限に抑えるために優先順位が付けられ、戦略的なビジネス活動と整合しており、グローバル市場の拡大に報酬の機会を提供することが期待されている。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。