小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界のワクチン市場、2027年までに541億6800万ドル規模に到達する見込み

2021.02.07

ワクチン市場が2027年までに54,168百万ドルに到達

コロナウィルス感染拡大でも話題になっている「ワクチン」とは、患者の獲得免疫を生み出すために投与される生物学的製剤のこと。

ワクチンの投与は、特定の病原体に対する免疫反応を高めるのに役立つ。予防接種は、さまざまな国で人々の健康を維持する上で重要な役割を果たす。

したがって、それらはさまざまな国の疾病予防戦略で使用される。ウイルス感染症と細菌感染症の両方の発生が増加しているため、ワクチンの需要は過去数年間で増加している。

予防接種は主にさまざまな年齢の人々に提供され、生涯の免疫システムを改善し、さまざまな形態の感染症に対する防御を確保する。

Reportocean.comの「ワクチン市場調査レポート」によると、世界のワクチン市場は2019年に32,463百万ドルを占め、2027年までに54,168百万ドルに達すると予想され、2020年から2027年までのCAGRは6.6%に達するという。

市場の推進要因と抑制要因

ワクチン市場は、国の予防接種プログラムによって世界中のいくつかの国で採用が増加しているため、予測期間中に大幅な市場成長を経験すると推定される。

さらに、いくつかの国での肺炎球菌性髄膜炎菌性疾患の発生の急増は、髄膜炎菌ワクチンの需要の急増につながり、市場の成長をさらに促進している。ただし、新しいワクチンの承認と汚染によるいくつかの製品のリコールに関する厳しい政府規制は、市場の成長を妨げると予想。対照的に、新興市場における高い人口基盤と医療費の世界的な増加は、髄膜炎菌ワクチン市場に大きな成長の機会を提供する。

地域ごとに、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびLAMEA全体で分析される。北米は2019年に最大の市場シェアを占め、予測期間を通じてその優位性を維持すると予想。これは、設備が整っていて資金が豊富な病院や診療所、ワクチン製品の高い採用率、高度な医療インフラなどの要因によるものだ。

さらに、ワクチン接種に対する意識が高いため、米国は市場のトッププレーヤーのターゲット地域だ。しかし、アジア太平洋地域は、医療施設の改善、利用可能な可処分所得、および急速に発展する経済状況により、最大の成長の可能性を秘めた収益性の高い地域として浮上すると予想される。

市場セグメントの範囲

世界のワクチン市場は、技術、適応症、エンドユーザー、および地域に基づいて分割。技術に応じて、市場は組換えおよび抱合型ワクチン、弱毒生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドワクチンなどに分類される。

適応症により、市場は肺炎球菌性疾患、インフルエンザ、ヒトパピローマウイルス、髄膜炎菌性疾患、ロタウイルス、水痘に分類。ジフテリア、百日咳、破傷風(DPT)、ポリオ、肝炎、はしか;おたふく風邪、風疹(MMR)、およびその他の適応症。エンドユーザーによると、市場は小児科、成人、旅行者に分割されている。

地域別の市場は、北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(日本、中国、インド、オーストラリア)で調査されている。およびその他のアジア太平洋地域)、およびLAMEA(ブラジル、南アフリカ、サウジアラビア、およびその他のLAMEA)。

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。