人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

宇宙から愛と自由を叫びたい!?TENGAとホリエモンのインターステラテクノロジズがタッグを組んでロケットを打ち上げる本当の狙い

2021.02.12

堀江貴文さんが出資するロケットベンチャーのインターステラテクノロジズと、アダルトグッズを販売するTENGAが共同でロケットを打ち上げる計画を発表した。TENGAは、国際宇宙ステーションや月面基地に滞在する宇宙飛行士向けの「宇宙用TENGA」の開発もスタートするという。

TENGAとインターステラが異色のコラボ

TENGAは、「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」ことをミッションに掲げ、男性向けのTENGAや女性向けのirohaをはじめとする、セクシャル・ウェルネスブランドを展開している。1月26日に開催された記者会見で、TENGA 代表取締役社長の松本さんは、3つのミッションに挑戦することを発表した。

①集めた1000人分の想い・願いをTENGA型メッセージPODに入れて宇宙に届ける
②TENGAの公式キャラクター「TENGAロボ」を宇宙空間でロケットの先端から放出し、落下後回収する
③計測用のTENGAをロケットに搭載し、「宇宙用TENGA」の開発をスタートする

ロケットを開発・運用するのは、北海道大樹町を拠点とするベンチャー企業のインターステラテクノロジズ(以下IST)。ロケットと言えば、人工衛星の打ち上げに利用されるイメージを持っている人が大半ではないかと思うが、今回発表されたTENGAロケットは、「観測ロケット」に分類されるもの。一般的に観測ロケットは、気球が到達できる高度よりも高く、人工衛星が周回する高度よりも低い地点の観測や微小重力空間を利用した科学実験に用いられる。

ISTファウンダーの堀江さん(左)と代表取締役社長の稲川さん(右)

ISTの観測ロケットは、「MOMO」と名付けられていて、これまでに6機の打ち上げが実施されている(うち1機は不具合により、打ち上げ直前で自動停止)。2019年5月に打ち上げられたMOMO3号機は、民間が単独で開発したロケットとしては初となる宇宙空間到達を達成した。

宇宙空間で搭載物を放出するのは、ISTにとって初めての取り組み。ロケットにはTENGAロボが搭載され、宇宙空間で放出される。その後、TENGAロボは、パラシュートを展開し減速しながら、海上に着水。搭載予定のシーマーカーによって海面が染色されるのを目印に、回収を目指すという。

会場には、公式キャラクターのTENGAロボが、サプライズゲストとして登場した。「宇宙に行くのは初めてなので、少し緊張しています。毎日欠かさずに腕立てと腹筋をしています」などと語り、笑いを誘う場面もあった。

記者会見の様子

なお、ロケットに搭載されるTENGAロボの重量は確定していないが、プラスティック製であるため比較的軽いとのことだ。

”ものづくりに対する姿勢”への共感から生まれたプロジェクト

ISTの特徴と言えば、試験段階でありながらもユニークな荷物が搭載されたり、ロケットのネーミングライツがクラウドファンディングのリターンになっていたりすることがあげられる。3号機にはグローズバルが手掛けるハンバーグ専門店の「とろけるハンバーグ」、7号機には生花の販売などを行う花キューピッドのバラが搭載されていた。一連の取り組みに対して、代表取締役社長の稲川さんは、記者会見でこのように話している。

「私たちが大事にしているのは『みんなのロケット』という価値観です。国が開発したロケットは限られた人たちが使うものでしたが、民間企業であるISTのロケットは、いろいろな人に使っていただけるようにしたいと考えています」(IST 稲川さん)

TENGAロケットの構想は、ISTファウンダーの堀江さんとTENGA代表取締役社長の松本さんがテレビ番組で共演したことをきっかけに始まったと言う。

TENGA 代表取締役社長の松本さん(左)とISTファウンダーの堀江さん(右)

「堀江さんとは話が合わないかもしれないと思っていたんですが、番組終了後に改めてロケットの話を聞いてみたら、ものすごくアツい方なのだとわかりました。ものづくりに対するこだわりと熱を感じて、一緒にロケットを打ち上げたいと思いました。手法とかやり方がわからなくても、手探りで始めて、常識にとらわれずに進んでいくのは、すごいですし、共感します」(TENGA 松本さん)

松本さんは、自動車の整備士として働いていた経歴を持つ。TENGAの開発に乗り出した当初は、アダルトグッズの製造については素人。周囲からも「できるわけない」と反対されながらも、改良を続けて商品化にこぎつけた。TENGAのものづくりに対する姿勢には、ISTの堀江さんも共感している。

「TENGAさんも、真剣にものづくりをしている会社です。商品のラインナップを見たら、こだわりがわかりますよ。そういうところはISTの文化とも合っていますし。社員もモチベーション高くこのプロジェクトに取り組んでいます」(IST 堀江さん)

TENGAが宇宙の食卓も救う……かも?

今回発表されたミッションの中でも、注目は計測用のTENGAの搭載だ。宇宙空間でのTENGAの状態を計測し、宇宙用TENGAの開発に利用するという。TENGAの松本さんは、会見で意気込みを語った。

「いつかTENGAを宇宙で使ってほしい、NASAで採用してもらいたい。私は創業以来この夢をずっと持ち続けています。必ずやってくる宇宙生活時代に向けて、必要となる宇宙用性デバイスのパイオニアを目指します」(TENGA 松本さん)

旅行で宇宙に滞在する人が増えれば、宇宙用性デバイスの需要は高まるのではないかと考えられる。2020年3月に開催が予定されていた世界最大級のカンファレンスイベント「SXSW2020」では、新型コロナウイルス感染症の影響により中止になったものの、宇宙空間での性的なスキンシップのあり方を議論するセッション「Sex and Intimacy for Today’s Space Travelers」が組まれていて、世界中で関心が寄せられているテーマであることがわかる。

宇宙用TENGAのイメージ

宇宙用性デバイスの開発の技術的課題にはどのようなものがあるのだろうか。松本さんは宇宙用TENGAに必要な機能や設計などは研究を進めなければわからないものの、現時点では、衛生的でかつ循環のある仕組みを使う必要があり、複雑なものになる見込みだと語った。

宇宙空間に詳しく、アドバイザーとして参画している田口さんによると、宇宙用TENGAは宇宙での食事にも貢献する可能性があると言う。男性の精液は水分のほか、タンパク質なども含まれていることから、分離して抽出することができれば、宇宙で不足しがちな栄養素の獲得に役立てられるのではないかということだ。

ちなみに、国際宇宙ステーションでは、トイレに水再生システムが接続されており、尿はリサイクルして飲料水として使用されているが、普通の飲料水と変わらない品質が実現されていると言われている。

インターネット普及きっかけもアダルトコンテンツだった

アダルトグッズとロケットの前代未聞のコラボは、多くのメディアに取り上げられ、瞬く間にSNS上でも話題になった。

ロケットの機体はTENGAのブランドカラーに合わせて装飾される

「面白い」「打ち上げが楽しみ」など、肯定的な意見も多く出ていた反面、「子どもに説明できない」「ISTのブランドに傷が付くのではないか」といった批判的な意見も散見された。

気になるのは海外の反応だ。海外在住で宇宙ビジネスに詳しい人複数名に話を聞いたところ「第一印象は、面白い」「多くの人にとってロケットはまだ神聖なもの。TENGAロケットは、まるで教会に広告を貼っているような感覚ですが、宇宙旅行が一般的なものになれば疑問に思う人はいなくなるでしょう」「女性宇宙飛行士向けの製品に関する情報が見当たらないのはなぜか?」といった声があがった。

リアクションは地域や宗教によっても異なると考えられるが、ミッションがアダルトグッズに関連すること自体に不快感を持った人は日本ほど多くない印象を受けた。

世間の反響は賛否両論ではあるが、ISTの堀江さんはTENGAとのコラボは、宇宙やロケットの可能性を広げる、価値の切っ先だと語っている。

「科学実験などの真面目なミッションだけに使われているのでは宇宙市場は拡がっていきません。私はIT業界に身を置いていましたが、インターネットが一般的に普及したのはアダルトがきっかけだったと言われています。アダルトコンテンツが良いということではなく、エンターテインメントなど、新たなアイデアで従来とは異なる使い方がなされてはじめて市場は拡大していくのだと考えています」(IST 堀江さん)

TENGAロケットの打ち上げは、今年の夏頃になる予定。両社の新しいチャレンジに、引き続き注目したい。

取材・文/井上榛香

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。