小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20代、30代の女性はどれくらい「Go Toキャンペーン」を利用したのか?

2021.02.07

「Go To」でどこに旅行へ行こうか、どんなお店を利用しようかとあれこれ考えていたのも、もう過去のこと。

2020年の年末には「Go To トラベル」が一時停止。また、Go To イートの見直し要請が一部都道府県で実施され、おまけに年明け早々には緊急事態宣言の再発令……。もはやそれどころではないといった感じだが、実施されている期間は多くの人が利用していたものだ。

では、20、30代の女性たちは、どれくらいGo Toキャンペーンを利用していたのだろうか?今回、ミュゼマーケティングにより、913人を対象にしたアンケート調査が実施された。

キャンペーン利用率は62%。うち81%がGo To トラベルを利用

はじめに、Go To キャンペーンを利用したか聞くと、「利用した」と答えた人は62%だった。「利用した」と答えた人にその種類を聞くと、「Go To トラベル」の利用率が圧倒的に高く81%。あとには「Go To イート」、「Go To イベント」、「Go To 商店街」が続いている。

また、「利用した」人にGo To キャンペーンの仕組みを理解して使っていたか聞くと、75%が「なんとなく理解して使っている」と回答。「完全に理解して使っている」のは20%、「まったくわからないが使っている」人は5%だった。

「利用していない」と答えた人に今後利用する予定があるか(一時停止前)を聞いてみたところ、「利用する予定はない」が74%でだった。

Go To トラベルの予約は「じゃらん」が多数 その理由は?

Go To キャンペーンにおいて中心的な施策ともいえる「Go To トラベル」。2020年10月1日からは東京も利用対象となり、全国的に取り組みが開始された(2021年1月時点は停止中)。

Go To トラベルを予約する際に利用したサイトは、1位が「じゃらん(34%)」、2位が「楽天トラベル(29%)」、3位が「JTB(5%)」だった。

それらを選んだ理由を聞いてみると、「もともと会員登録していたから」「ポイント還元率が魅力的だったから」「予約したい宿が掲載されていたから」といった回答が多く挙がった。

Go To トラベルを利用した人に、自分が住んでいる都道府県内・都道府県外、どちらを訪れたか聞いたところ、66%が「都道府県外」と回答した。

具体的に何県に行ったかについては、「静岡県(6%)」、「東京都(6%)」、「神奈川県(6%)」、「北海道(5%)」、「大阪府(5%)」などが上位に挙がっている。

54%が「通常より安く食事ができるから」Go To イートを利用

ポイント還元やプレミアムつき食事券で、お得に食事が楽しめる「Go To イート」。「利用した」と回答した人にその理由を聞いてみると、「通常より安く食事ができるから」、「付与されたポイントが色々なお店で使えるから」、「一度は使ってみたかったから」という回答が挙がった。

利用した予約サイトについては、1位が「ホットペッパーグルメ(51%)」、2位が「ぐるなび(13%)」「食べログ(13%)」、3位が「一休.com(2%)」だった。

利用した予約サイトを選んだ理由は、「もともと会員登録していたから(26%)」、「予約したいお店が掲載されていたから(21%)」、「ポイント還元率が魅力的だったから(20%)」などが多く挙がったことから、Go To トラベル同様、キャンペーン実施以前から利用していたサイトをそのまま利用していたようだ。

「今後も続けてほしい」が7割も、「状況に応じた柔軟性が必要」と回答

Go To キャンペーンで良かった点について聞いてみると、1位が「普段より安く利用できる(62%)」、2位が「経済支援になる(17%)」だった。

反対に、改善が必要だと思う点については、1位が「感染状況に応じた運用の柔軟性」、2位が「キャンペーン内容のわかりづらさ」。日々変化している感染状況に合わせた運用を求め人が多いようだ。

通常より安い値段で利用できたり、各方面の経済支援になったりする一方、新型コロナウイルス感染の不安と隣り合わせでもあるGo To キャンペーン。ただ、「Go To キャンペーンを今後も続けてほしいと思うか」聞いたところ、「思う」との回答が72%で、20代、30代の女性たちはこの取り組みに対し、おおむね好意的に受け止めていたようだ。

今後の取り組みがどのようになるか不透明ではあるが、日々の感染状況に合わせて柔軟に対応することが、Go To キャンペーンをさらに有益なものにしていくヒントとなりそうだ。

※ミュゼマーケティング調べ

<調査概要>
調査日 :2020年12月2日~2020年12月13日
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :913名
調査対象 :全国20~34歳の女性

出典元:株式会社ミュゼプラチナム
https://musee-pla.com/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。