小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

35年ぶりに日本でゴキブリの新種を発見、日本産は計59種に

2021.02.03

「黒い」「汚い」イメージのゴキブリだが、非常に美しい青色の金属光沢や、鮮やかな橙色の紋などを持ついわゆる美麗種だ。

今回、独立行政法人国立科学博物館は、DNA解析により、ルリゴキブリ属の2新種の遺伝的情報を明らかにし、新種発見に貢献した。

35年ぶりに日本からのゴキブリ新種の発見

南西諸島(鹿児島県~沖縄県)よりブルーメタリックに黄色い帯を後方に持つという美しいルリゴキブリ属の2新種が発見され、法政大学島野智之教授、竜洋昆虫自然観察公園柳澤静磨職員、鹿児島大学坂巻祥孝准教授からなる研究チームにより日本動物学会の国際誌Zoological Scienceに記載・発表された。ゴキブリの新種が日本から発見されるのは35年ぶりのことだ。

現在、日本産ゴキブリは57種が知られており、今回2新種を加え、合計59種となった。このうち、人家の中に出現するのは、1割程度であり、それ以外のゴキブリは、森林の朽ち木や洞窟などに生息して、朽ち木などの有機物を食べて生活しており、人間とはほとんど関わりのない生活をしている。

日本(南西諸島)から東南アジアにかけて分布するルリゴキブリ属のゴキブリも、人家に出入りすることはなく、おもに森林の朽ち木などを生息場とし腐植質などを餌に生活をしている。

当館の分子生物多様性研究資料センターの蛭田特定非常勤研究員は、今回の研究で、新種2種を含むルリゴキブリ属の系統関係を解明するために5遺伝子座を用いてDNA解析を行った。

その結果、日本産のルリゴキブリ属3種が単系統となり、台湾産の種と姉妹群を形成することが明らかに。これは南方より南西諸島に侵入した共通祖先が、それぞれの島で分化したことを示している。

またそれぞれの種は明瞭に分かれ、形態による分類の結果を支持した。そのほか中国と台湾に分布する種においては、大きな種内での遺伝的な距離が見いだされ、隠蔽種の存在が示唆された。

国立科学博物館では、今回の2新種の標本に加え、日本産のルリゴキブリ属の標本を収蔵している。またこれらの標本に由来するDNA試料も保管。森林で分解者として有益なゴキブリの東南アジアでの多様性解明につながる成果を上げ、今後の研究においても有用な環境を整備した。

 発表雑誌:ZOOLOGICAL SCIENCE

論文タイトル:Two New Species of the Genus Eucorydia (Blattodea: Corydiidae) from the Nansei Islands in Southwest Japan(南西諸島からのルリゴキブリ属のゴキブリ新種2種)

著者: Shizuma Yanagisawa、 Shimpei F. Hiruta、 Yositaka Sakamaki、 Jhih-Rong Liao、 and Satoshi Shimano(竜洋昆虫自然観察公園 柳澤静磨職員、国立科学博物館 蛭田眞平博士、台湾大学Jhih-Rong Liao教授、鹿児島大学 坂巻祥孝准教授、法政大学 島野智之教授)

2020年11月24日(日本時間25日) オンライン公開

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。