人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界規模でガソリン車から電気自動車へのシフトが加速、CASEへと向かう自動車の将来像

2021.02.06

「EV」によって自動車業界にダイナミックな変化の兆し

今、環境問題対策などを背景としてガソリン車から電気自動車(『EV』)へのシフトが国際的に推進されている。日本でも、政府が2030年代前半までにガソリン車の販売禁止を検討している旨が報道されるなど、政策的な『EV』シフトの後押しが強まると見込まれる。

そんな中、三井住友DSアセットマネジメントはマーケットレポート「自動車の成長は『EV』にあり」を発表した。

『EV』シフトが世界の潮流に

環境問題などへの対策として、ガソリン車から電気自動車(『EV』)へのシフトが国際的な潮流となっている。国際エネルギー機関(IEA)が2020年6月に公表した「世界の電気自動車の今後の見通し」によると、2020年の『EV』保有台数は全世界で1,000万台(2019年720万台)、自動車全体に占める割合は過去最高の3%に達したと見られる。『EV』の伸びは今後も続き、2030年には2億4,500万台に達するとIEAは予想している。

日本でも、2020年12月には政府が2030年代前半までにガソリン車販売の禁止を検討しているとことが報道された。正式な発表ではないものの、政府が掲げる脱炭素政策「2050年カーボンニュートラル」に関わる議論のひとつと考えられ、今後『EV』へのシフトは、政策面からもより一層推し進められていく可能性が高いと考えられる。

テスラは堅調な『EV』販売を達成

足元では2021年1月2日、米大手『EV』メーカーのテスラが2020年10-12月期の生産、納車台数(速報値)がそれぞれ過去最高水準を記録したと発表した。生産台数(年間ベース50万9,737台)、納車台数(同49万9,550台)ともに2020年1月時点の目標である50万台とほぼ同水準に到達し、コロナ禍においても『EV』販売が堅調であることが確認された。

自動運転車も増加の見込み

『EV』シフトと同様、自動運転技術の向上の報道も相次いでいる。2020年11月、ホンダは自動運転レベル3(特定条件下においてシステムが運転を実施)の認定を国土交通省から受けました。2020年度中には、レベル3自動車が世界で初めて市販化される見込みだ。現在、各国でレベル3、レベル4(特定条件下における完全自動運転)の走行実験が盛んに行われており、実用化の流れはさらに加速する。

自動運転と『EV』の親和性は高く、自動車の将来像は、接続(C)、自動運転(A)、シェアリング(S)、電気自動車(E)の機能を持ったCASEに行きつくとの見方がある。実際にその方向に向かって技術開発や販売拡大が進んでおり、今後も自動車業界のダイナミックな変化が注目される。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。