小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

出揃った大手キャリアのスマホ20GB低料金プラン、小容量プランの料金引き下げはいつ?

2021.02.05

日本の携帯料金は高いといわれている。

総務省の世界6都市の比較調査によると、東京(NTTドコモ)の標準的なデータプランは世界で2番目に高く、大容量プランは最も高い状況にあるという。

こうした中『携帯料金』の引き下げを最重点政策の一つに掲げる菅内閣が誕生し、大手携帯3社は相次いで値下げを発表、低料金プランが出そろった。

そんな携帯各社の低料金プランについてのマーケットレポートがこのほど、三井住友DSアセットマネジメントより発表された。

菅内閣では、『携帯料金』の引き下げが最重点政策

菅内閣では、『携帯料金』の引き下げを最重点政策の一つに掲げる。菅首相は官房長官時代から「『携帯料金』は4割値下げする余地がある」と発言するなど『携帯料金』の引き下げに力を入れてきた。

こうした中、大手3社は『携帯料金』の低料金プランを相次いで発表した。提供開始はいずれも3月となる。今回の値下げは従来より踏み込んだものとなったが、一方で横並び感の強いものとなった。

通信大手は低料金プラン発表

大手3社の低料金プランでは、ソフトバンクは大容量プランで次世代通信規格5G、4Gともに月額6,580円(税抜き)とし、5Gでは現行より約2割安くした。通信量も50GB(ギガは10億)から無制限に増やした。他2社も値下げし、ほぼ同水準となった。

通信量20GBでは、3社とも別ブランドで低料金プランを提供する。NTTドコモ、ソフトバンクは2,980円とする。最後に発表したKDDIは月額2,480円と大手3社で最安値を打ち出し500円安くなった。ただし、1回5分以内の通話かけ放題を追加すると同じ2,980円になる。

次世代技術への投資と『携帯料金』引き下げの両立が求められる

今回の料金引き下げは料金の安さを売りにする仮想移動体通信事業者(MVNO)への影響が大きくなりそうだ。

これまで一部時間帯で通信速度が遅くとも価格優位性から携帯大手と住み分けができていたが、価格での優位性が弱まり、大手への寡占が進むと懸念する見方がある。

また、大手各社とも主力ブランドの小容量プランは手つかずのままで、消費者視点に立ったプラン作りは継続して求められそうだ。携帯大手は5Gなど次世代技術への投資による競争力強化と『携帯料金』の引き下げの両立が求められる。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。